A1サイズとは?図で分かるサイズ比較や特徴を解説!

ポスターなどによく使われるA1サイズについて紹介

図で分かる! A1サイズの比較

A4サイズといえば、皆さんも大体は想像できるかと思います。
では、A1サイズと言われたらどうでしょうか?

A1サイズは 594×841mm です。
新聞紙を見開き2ページに広げたよりも少し大きいサイズと考えるとわかりやすいです。
(新聞紙を広げた大きさは、縦545×横813mm。)

また、A0、A1、A2、A3、A4サイズの関係性についても覚えておくと便利です。
A1サイズはA0の1/2

A0サイズが最も大きく基準のサイズとなります。
A1サイズはA0の1/2、A2サイズはA1の1/2、A3サイズはA2の1/2.‥というように、番号が増えるに従って、長辺の1/2ずつ半分のサイズになっていきます。
A4サイズはA1サイズの1/8、A4の8倍=A1サイズに該当します。

A判規格 短辺×長辺(mm)
A0サイズ 841 × 1189
A1サイズ 594 × 841
A2サイズ 420 × 594
A3サイズ 297 × 420
A4サイズ 210 × 297
A5サイズ 148 × 210
A6サイズ 105 × 148

AサイズとBサイズの違い

また、紙のサイズの話をするときに合わせて覚えておきたいのが「AサイズとBサイズ」の違いです。
皆さんもB1、B2、B3、B4、B5という用紙サイズを一度は聞いたことがあるでしょう。

B判規格(JIS) 短辺×長辺(mm)
B0サイズ 1030 × 1456
B1サイズ 728 × 1030
B2サイズ 515 × 728
B3サイズ 364 × 515
B4サイズ 257 × 364
B5サイズ 182 × 257
B6サイズ 128 × 182

B規格はA規格より大きいこのAサイズとBサイズ、寸法ももちろん違うのですが、国際的な規格サイズかそうでないかでも区別されます。
Aサイズは国際規格であり、どの国でも共通して使用することができます。
その一方で、Bサイズとは国内規格サイズで日本でしか使うことができません。

これがAサイズとBサイズの違いです。

A1サイズって何に使われているの?

A1サイズは、一般的にお店の宣伝用ポスターによく使われています。
また、A1サイズの良いところは大きすぎず、小さすぎずと使い勝手が良いところです。
そのため家庭やビジネスの場でも意外なところで使われています。
家庭であれば、壁にかけられたパズルやタペストリーがA1サイズであることもあります。
ビジネスでは、建築関係などの図面や絵画にA1サイズが用いられています。

A1サイズの郵送・梱包方法

郵送や梱包のためにポスターなどを折り曲げるのに抵抗を持つ人も多いでしょう。
ですが、A1サイズは使われるシーンが多いことから、郵送や梱包方法もしっかりと準備されています。

お店に行けば、A1サイズのポスターを持ち運ぶための筒が販売されていますし、他にもA1サイズを持ち運べるアジャスターケース、折り目をつけずに半分のサイズで持ち運べる専用ケースなども。
A1サイズの用紙などを持ち運ぶ際には、このようなものを使うと良いでしょう。

用途に合わせてサイズを使い分けよう!

今回のまとめです。
A1サイズとは、A4サイズ8枚分の大きさ(594×841mm)。
実は普段私たちが気づかないだけで、家庭でもビジネスの場でも大活躍しています。

その理由は「大きすぎず、小さすぎない」というA1サイズの最大の強みによるもの。
非常に使い勝手の良いサイズなので、ぜひこれを機会に、用途に合わせてA1サイズを使ってみて下さい。



ポスターをお求めの方はこちら

ネット印刷ならプリントモールにおまかせ

きっと見つかる!ネット印刷プリントモール

冊子をお求めの方は、当店ウイルダイレクトをご利用ください。

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
冊子の印刷通販ウイルダイレクト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。