同人誌とは?漫画との違いや同人誌の製本方法も解説

同人誌とは?漫画との違いや同人誌の製本方法も解説

この記事では、同人誌と漫画(誌)の制作過程のメリット・デメリットや、インターネットの普及とともに同人誌の形態にも変化が起きていることを簡単に解説します。
また、同人誌の販売ルートが独自に発展したことにより、マンガ、アニメ、ゲームといった日本の表現作品が世界からも注目されるようになった背景に迫ります。

同人誌とは?漫画との違いを解説

同人誌とは、同じ趣味・志を持っている個人またはサークル・団体が、自ら資金を出して作成する同人雑誌の略語です。
一方、漫画(誌)は、出版社などの商業出版を通して全国の書店やネット書店に流通する雑誌です。

同人誌とは?

考え方や主義志向、趣味などが同じ人たちが集まることを「同人」とよびます。それらの同人が共同で執筆、編集、発行する機関誌や雑誌のことを「同人誌」といいます。
「同人誌」の歴史は明治時代にまでさかのぼります。小説家の尾崎紅葉などが中心となった文学結社である「硯友社(けんゆうしゃ)」で文芸作品などを自費で出版した「我楽多文庫(がらくたぶんこ)」が日本で初めての同人誌といわれています。そこでの同人誌としての活動がのちの文学界に大きな影響を与え、多くの才能を見出し排出したといわれています。

漫画とは?

ある情報を文章ではなく絵で表現したものです。単純、軽妙な筆致の絵で、滑稽、風刺、ナンセンスなどを主に表します。日本最古の漫画であるといわれているのは、平安時代から鎌倉時代に描かれたとされている「鳥獣戯画」です。
現在ではコマ割りなどで連続させた絵に吹き出しで台詞(せりふ)や、ト書きを入れて物語性を持たせているのが特徴です。

同人誌と漫画の違い

同人誌の多くは同人や個人の自費出版の形態をとり、出版社などの商業出版を通さない流通経路で発刊しています。そのため、発刊の費用はすべて同人や個人で負担するのが原則です。このように、同人誌は出版社の介入を受けないために自由な表現の発表の場となっています。この点が同人誌の最大のメリットであるといえます。

同人誌のジャンルは、小説のような読み物の文芸系、一次創作系、既存のマンガ・アニメ・ゲームなどを題材とした二次創作系、その他にもコスプレ写真集や特定の趣味を深く追究した専門雑誌のような作品などさまざまあります。

一方、漫画(誌)は出版社を通して発刊する「商業誌」という分類になります。そのため、作者は漫画を発刊するための製作費や広告宣伝、書店への流通経費などの一切の商業出版の経費を負担しなくてもよくなります。しかし、発刊した漫画の販売や重版などの権利は出版社のものになるうえ、アイデアや企画、編集などが出版社の意向に添うように求められることもあります。その点が最大のデメリットといえます。

同人誌の種類

同人誌は「個人誌」、「合同誌」、「ファンジン」の3つに大きく分類できます。個人誌は一人の作家、合同誌は複数の作者、ファンジンはファンの集まりによるものです。それぞれの特徴を簡単に紹介します。

個人誌

個人誌とは1人の作者(主に同人作家や同人漫画家)により構成された同人誌のことをさします。現在の同人誌で主流の発行形式です。個人誌のメリットは個人の資金の許す限り納得のいくまで冊子の体裁を整えたり、ストーリー展開や表現の追求ができることです。
また、個人誌がメインになった要因としては、冊子の制作費用が以前に比べて安価になり数人での出資の必要性がなくなったということや、作品発表の場がインターネット上に広がったことなどで容易に読者に作品をアピールできるようになったということなどが、考えられています。

合同誌

合同誌とは、特定のジャンルの元に複数の作者が集まり、各々が発刊費用を出資して作る同人誌のことをさします。それぞれ独立したサークルとして活動している作者複数人や、同一のサークルに所属する複数人の作品が掲載されている場合なども合同誌といいます。
その点は、商業誌の「アンソロジー」と類似しています。

ファンジン

ファンジン(fanzine)とは「fan(ファン)+magazine(雑誌)」からなる造語でファンが集まって評論・創作などを掲載する雑誌をさします。
特にSF関係のものをさしますが、それは、同人誌の発祥がSF関係であり、かつては同人誌をファンジンと呼んでいたからだという説もあります。

同人誌の流通経路

同人誌の販売ルートは、「コミックマーケット」(コミケ)とよばれる同人誌即売会、同人誌を扱う書店での委託販売、インターネットダウンロード販売、インターネットオークション、同人サークルから個人への直売などが主なものです。
このように、同人誌の販売ルートは独自に発展してきました。これらが、マンガ、アニメ、ゲームといった日本の表現作品が世界からも注目されるようになったひとつの要因であるといわれています。

一方、著者自身が出版に関する制作費用を負担して、出版社に発行を依頼するのが「自費出版」です。出版社を通じての自費出版は全国の書店やネット書店での販売となり、多くの人の目に留めてもらえる可能性があるのが大きな特徴です。

同人誌に出版社は必要?

同人誌の場合は原稿作成から印刷所への依頼は個人で行うために、作業量や費用は個人で負担します。また、同人誌は前述したように出版社が介在しないので、全国の書店やネット書店の流通ルートには乗りません。そのため、同人誌は個人で一定の数を制作し、イベントに出向き個人で販売します。
当然費用は安く抑えられますが、たくさんの人に読んでもらうことは困難です。
全国に流通させたい場合は、出版社を通した自費出版という方法をとることも必要です。
その場合は、同人誌での発行より経費は割高になります。
漫画に関しても、前述したように出版社を通しての発行のほかにも自費出版での発行、同人誌としての発行などがあげられます。
それぞれの目的に合わせて発行形態を選ぶことがおすすめです。

同人誌の製本方法

製本には、上製本と並製本の2種類があります。冊子の目的に合わせて選びます。

1.上製本

上製本は、ハードカバーともよばれ、厚紙の硬い表紙が特徴です。書店に並んでいる小説の単行本や絵本などに使われています。高級感があり耐久性が高まりますがコストも納期もかかります。

2.並製本

並製本は、本文を表紙の用紙で包んだシンプルな作りです。このためコストと納期が抑えられます。文庫本や雑誌、ムックなど、多くの書籍がこの製本方法です。

同人誌の綴じ方

同人誌の多数を占めるマンガは無線綴じです。
ただし、ページの少ない冊子の場合は中綴じの製本がおすすめです。 少部数の場合は大きな差異は出ませんが、無線綴じより中綴じのほうがコストが抑えられます。

まとめ

同人誌の始まりは同じ志をもった人たちが集まって冊子を作ったことにあります。
時代は変われど志は一貫しているのが同人誌の世界だといえます。
同人誌のジャンルは、マンガ、アニメ、ゲームが主流ですが、小説やイラスト集、趣味の冊子などのように現在もなお多様な作品が生まれ続けています。
誰もが表現者となれる同人誌の世界。
あなたもあなただけの特別な1冊を作ってみませんか。


同人誌の印刷もウイルダイレクト!
印刷価格をサイトで30秒見積り! 会員登録で用紙・冊子サンプルがもらえる!
冊子の印刷通販ウイルダイレクト お電話は0120-169-799

\ 自費出版や同人誌もリーズナブルに印刷 /
自費出版本・同人誌の印刷製本
\ ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!! /
冊子の印刷通販ウイルダイレクト会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。