長辺とじとは?短辺とじとの違いや特徴を解説します

長辺とじの冊子について

冊子の製本をする際の綴じ方には、2種類のタイプがあります。

綴じる辺が長い方か短い方かで「長辺とじ」と「短辺とじ」に分けられます。
どちらの辺で綴じるかによって、見やすさや保管のしやすさが変わるため、理解しておくことはとても重要です。

今回の記事では、「長辺とじ」について紹介していきます。

長い辺で綴じているのが「長辺とじ」

多くの印刷物は、A4サイズやB5サイズなどのように、長方形になっています。
長方形の辺が長い部分で綴じているものを「長辺とじ」、辺が短い部分で綴じているものを「短辺とじ」といいます。

長辺とじ

長辺とじ

長い辺で綴じ、左向きもしくは右向きに開き、読み進めます。
右と左のどちらで綴じるかは、文章の流れや文字の方向によって異なります。

短辺とじ

短辺とじ

短い辺で綴じ、左向きもしくは右向きに開き、読み進めます。
短辺とじを縦向きに使うと、裏面は表面とは逆になります。

大半の冊子は長辺とじが使われている

大半の冊子は長辺とじ

一般的な書籍や雑誌など多くの冊子を眺めると、そのほとんどは「長辺とじ」です。
学校で使う教科書やノート、ビジネスシーンで使う企画書やプレゼンテーションの資料、ふだん目にするカタログやパンフレットなど、日常生活のさまざまな場面で長辺とじの冊子が使われています。

このように長辺とじはスタンダードな綴じ方といえそうですが、なぜ長辺とじがよく使われるのでしょうか。

理由1:縦組みでも横組みでも読みやすい

綴じ方には「右向き(右開き):表紙を表にしたときに右側が綴じられている形」と「左とじ(左開き)」があります。
縦組みの文章は右とじに、横組みの文章は左とじになります。

長辺とじの場合、文字が縦組みでも横組みでも視線の移動が大きくならないので、読みやすいというメリットがあります。
そのため、長辺とじは、文章が主体の書籍に最適の綴じ方といえます。

印刷用紙を縦に使う長辺とじは、縦組みの日本語表記に合ったスタイルです。縦書きの文章は、誌面が縦長の方が読みやすいです。

理由2:開いた時に持ちやすく、扱いやすい

長辺とじの冊子は、持ちやすさ、扱いやすさの面でも優れています。

両手で持つ際に安定するので、ページをめくりやすいです。
文庫本のような小さめのサイズの冊子であれば、片手で支えて読むこともできます。

長辺とじは短辺とじとは異なり横の辺が短いため、冊子のページを広げても邪魔になりません。

>>長辺とじの冊子印刷商品はこちら

「短辺とじ」が使われる場合

短辺とじは絵本などに使われる

短辺とじが使われる印刷物で目にすることが多いものには「絵本」が挙げられます。
特に、幼児向けの絵本のほとんどは横向きの短辺とじが使われています

横長の写真やイラストをメインにすることが多い絵本以外には、短辺とじの冊子はほとんどありません。他にある例としては、メモ帳や変形の写真集などにも使われていることがあります。

冊子以外では、便箋、メッセージカードなど書き込みができる印刷物で使われる程度です。

「上綴じ」について

天とじ(上綴じ)

長辺とじの中で、綴じている部分が上側になっているものを「上綴じ」といいます。
イラストのように、上綴じは、長い辺を綴じ、ページを上向きに開いて読み進めるタイプです。カレンダーなどによく使用されていますね。

当店では上綴じの注文も承っております。上綴じをご希望の方は、下記リンク先を参照して、ご注文・データ作成を行ってください。
>>データ作成ガイド|「上綴じ」について

まとめ

冊子の綴じ方について説明しましたが、上記で述べたように、文章のある冊子では、長辺とじが使われることがほとんどです。
長辺とじと短辺とじにはそれぞれ特徴やメリットがあるので、作りたい冊子の内容に合わせて、向いているものを選ぶとよいでしょう。

当店では無線綴じ冊子・中綴じ冊子ともに、長辺とじを扱っておりますので、冊子の作成のさいは、ぜひご注文ください。
短辺とじをご希望のお客様も、ぜひご相談ください。


冊子の印刷なら、印刷通販ウイルダイレクト!

冊子の印刷通販ウイルダイレクトロゴ

長辺とじ、短辺とじの冊子、どちらの相談も承ります。ぜひ、ご利用ください。
>>冊子の印刷商品一覧|印刷通販ウイルダイレクト

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト