印刷・製本を考慮した冊子に必要な余白とは?

冊子に必要な余白とは

冊子(印刷物)を作成する場合、いかに見栄えよく、読みやすくするかが大事です。

デザイン面では、余白の取り方、書体、絵柄の配置などの要素に気をつける必要があります。その中でも、余白の取り方は、重要なポイントのひとつです。

ここでは、印刷、製本を考慮した冊子の必要な余白について説明していきます。

余白が必要な理由

見やすい冊子には余白が必要

冊子のページデザインを行う際、紙面内に余白が必要なことはご存じですか?

余白の少ない冊子は、窮屈で読む側にとっては息苦しさを感じさせ、逆に余白が大きすぎると全体的に貧弱な感じに見えたりします。また、紙の端まで文字が配置されていると、印刷後の裁断で切れてしまう可能性もあります。

冊子の基礎知識として、内側の部分を「ノド」、外側の部分を「小口」と呼びます。ノドは綴じられた方で、本を開いた状態の中央部分になり、小口は、本を開いた状態の外側の部分になります。

ページ数が多い冊子を作成する場合は、ノドの側に余白を多くとる必要があります。本が厚いために、ページを開いた時、内側の文字などが見えにくくなるためです。

必要な余白は綴じ方によっても変わる

バランスのとれた余白設計ができれば、見栄えよくクオリティがアップしますが、綴じ方やページ数により、ページの見える面積は変わってきます。本や冊子の仕様によっても余白の取り方は変える必要があります。

背表紙の付く無線綴じ冊子と、紙の中央を針でとめる中綴じ冊子では、冊子の開き方が異なるため、余白の取り方も変わってきます。

無線綴じ冊子の場合

無線綴じ冊子は、用紙の厚さやページ数にもよりますが、中綴じのようにページの内側を完全に開くことができません。ページ数が多くなればなるほど、隠れる部分が増える可能性があるので、ノドの余白には気をつける必要があります。

無線綴じ冊子はページを完全に開けないことを考慮する

ノドから10mmの範囲には、文字や絵柄などは入れないようにしましょう。見た目もすっきりとして、良い印象を与えます。

冊子の基礎知識として、紙面の上側を「天」、下側を「地」と呼びます。
基本的に四方の余白は均等には取らず、天の余白は地よりも多く設計します。そうすることで、落ち着きのあるデザインとなり、見やすくなります。

天地、小口側は、仕上がりより5mm以上、大切な絵柄などは入れないように考慮します。

中綴じ冊子の場合

中綴じ冊子の場合、ページが少ない冊子に関しては、ノドの部分を気にしなくてもよいのですが、多くなるほど考慮しなければなりません。

中綴じは絵柄がノドに近すぎるとズレが生じる

外側にいくにつれて、ノドの部分が数ミリ隠れてしまうので、最低10mmは余白を取っておきます。紙面ぎりぎりまでデータがあると、製本する断裁の時点で余白が少なかったり、データが見切れたりする恐れもあります。

天地、小口は、無線綴じ冊子と同じく、5㎜以上余裕をもって絵柄などを配置するようにします。

まとめ

どんなに内容の良い原稿でも、余白の取り方次第で、読みやすさや見栄えに大きな違いが出てきます。

余白の設定は、重要なポイントになります。適切な余白を設けることで、冊子の見栄えが良くなり、クオリティをアップすることができます。

冊子データを作成する際は、余白の設計に気を配り「文字がページの内側に入りすぎて、冊子になった状態では読めなかった…」とならないように注意しましょう。


冊子データの作成について不明点がある場合はご相談ください!

冊子の印刷通販ウイルダイレクトロゴ

ウイルダイレクトには印刷・DTPに精通したスタッフが揃っています。お気軽にお問い合わせください。
>>印刷なんでも相談室お問い合わせフォームはこちら

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト