グレースケールで写真などを綺麗にモノクロ印刷

グレースケールできれいにモノクロ印刷

印刷会社に発注をする際、カラー印刷よりモノクロ印刷の方が、費用を抑えることができます。冊子や印刷物をカラーデータで作っていた場合でも、必要に合わせてモノクロ印刷を利用してみるのも良いでしょう。

今回は、モノクロ印刷で注文する際のデータ準備について解説していきます。参考にしてみてください。

グレースケールとは何?

グレースケールは白と黒の中間のグレーのグラデーションを含んだ画像

「グレースケール」と似た用語に「モノクロ」「白黒」があります。違いを分かりやすくするために、それぞれについて説明します。

グレースケール」とは、白と黒に加えて、中間色であるグレーの濃淡(グラデーション)を、含めて表したものになります。

一方、「モノクロ」とは「単色」を意味する「モノクローム(monochrome)」を縮めた言葉です。
一般的に、モノクロは「1色で表現したもの」を指します。白黒の他に、セピアなど単色のものは全てモノクロとなります。
また、「白黒」とは、カラーではなく、白と黒だけの色で表現されたものになります。

「白黒」が「白」と「黒」だけで構成され、中間色が存在しないのに対し、「グレースケール」は中間色のグレーで豊かな階調表現ができるため、黒1色でも細かに色再現が行えます。

※当店プリントモールで「モノクロ印刷」という場合は、「白黒および中間色のグレースケールで表現された印刷」を指します。上記の説明とは意味合いが異なりますので、ご注意ください。

グレースケールを使用した方が良い場合

一般的な文字中心の資料であれば、白黒印刷でも十分です。

モノクロ印刷をお考えで、写真やイラストなどがあり、なるべく鮮やかに印刷したい場合や、グラデーションなど滑らかな階調再現が必要な場合はグレースケールを使用すると良いでしょう。

ただし、グレースケールは、通常の白黒よりもデータ量が多くなります。グレースケールの画像を使ってデザインデータを作る場合、パソコンへの負荷が増え、作業スピードに影響が出ることがあります。
必要に応じて、目的をはっきりさせた上でグレースケールを取り入れると良いでしょう。

グレースケールへの変換方法

カラーで作成した原稿をモノクロ印刷する際は、カラーの文字や写真・イラストはグレースケールに変換することで、きれいに印刷再現されます
ここでは、PhotoshopやWord・パワーポイントでの画像・文字のグレースケールへの変換方法をご紹介します。

Photoshopで画像をグレースケールに変換する

レイヤーから画像を統合
すべてのレイヤーを統合します。
ウィンドウ>レイヤー から右上のバーをクリックします。
画像を統合を選択します。すると、レイヤーがひとつの画像になったことが分かります。

モードからグレースケール
②イメージ>モード>グレースケールを選択します。
すると、上記のような警告が表示されます。
グレースケールに変換してしまうと元に戻せないため、このような警告が出てきます。
グレースケール変換したデータは別名で保存し、必ず元データを残しておくようにしましょう。

③「破棄」をクリックすると、グレースケール画像に変換されます。

④きちんと変換できているかどうか確認をします。
チャンネルがグレーのみになっていればグレースケールへの変換が完了です。

Word・PowerPointで画像をグレースケールに変換する

カラー画像をグレースケールに変換します。

Word・PowerPointで画像をグレースケールに変換する

①[画像を選択]で、グレースケールに変換したいカラー画像を選択します。
②以下の操作で、グレースケールに変換します。
[図の書式設定]→[色の変更]→[グレースケール]
※上記は、Word 2019 / Power Point 2019 の場合です。ソフトのバージョンにより、メニューの名称は変更されている場合があります。

【透明、パターン、ワードアートなどの特殊効果の使用について】
WordやPowerPoint上で、透明効果やパターン効果、ワードアートは使用しないでください
Officeソフトでは、図形や文字を作成する際によく使われますが、印刷用のデータ処理には完全に対応していないため、絵柄が抜け落ちたり、正しく再現されない場合があります
使用する場合は、事前にPDFデータを紙で出力し、出力内容が問題ないかを必ず確認した上で使用ください。

ネット印刷をお考えなら、こちらがおすすめ
プリントモール会員登録で1000円分ポイントプレゼント

グレースケール変換で気を付けること

グレースケール変換を行う際、いくつか気を付けるとよい点があります。
これらの注意点を頭に入れておくと良いでしょう。

色のイメージが大きく変わってしまう場合がある

グレースケール変換すると、色のイメージが大きく変わってしまう場合があります。
特に、黄色などの薄い色は、見えにくくなってしまう可能性があります。

色が同化してしまうことがある

ディスプレイ上では識別できていても、グレースケールへの変換によって色が同化してしまうことがあります。

色の区別ができなくなることがある

元々違う色でも、濃淡が似ていると、変換後に区別できなくなることもあります。

まとめ

グレースケールを使用すると良い場合や、グレースケールに変換する方法について説明しました。
印刷会社によっては、モノクロでの注文の場合、カラーデータでの入稿を受け付けていなかったり、想定していない色へ変わってしまったりする可能性もあります。

モノクロ印刷を注文する場合、カラーの文字や画像はグレースケールへの変換をしておくことがおすすめです。参考にしてみてください。

冊子印刷はプリントモール!
印刷価格はサイトで30秒見積り!会員登録で用紙サンプルがもらえます!
冊子印刷はプリントモール お電話は0120-991-645
\ 無線綴じ冊子・中綴じ冊子の価格を確認! / 無線綴じかんたん30秒見積もり 中綴じかんたん30秒見積もり \ 冊子印刷ならネット印刷プリントモール! / ネット印刷プリントモール会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。

冊子製本お役立ちコラム編集部

冊子の印刷製本を考えている方に、知っておきたい知識やお得な情報をお届けしています。はじめての方にもわかりやすく丁寧な記事を心がけています。 日々、お客様からのお問い合わせと注文対応に追われながら学ばせていただいています。

シェアする