PDFファイルからの製本!プリンタやコンビニと印刷会社を比較

PDFファイルからの製本!プリンタやコンビニと印刷会社を比較

プリンタやコンビニのコピー機を使用して、冊子を自作する人が増えてきています。
その背景として、アプリなどで誰でも簡単に写真・文章編集ができるようになったことが挙げられます。

しかし、冊子作りとなると「製本」も自分で行わなければいけません。自由に冊子作りができる反面、失敗するリスクが増え、手間もかかってしまいます。

この記事では、PDFファイルから冊子を製本する手段として

・プリンタ
・コンビニ
・印刷会社

以上の3パターンを、ポイントも押さえながら比較していきます。

今回は、簡単に作ることができ、よく使われている「中綴じ製本」の場合を例にご紹介します。

プリンタで印刷する場合

 

PDFファイルをプリンタで印刷製本

大きく分けて6つの作業が必要です。

①ページ数を確認する
冊子全体のページ数を確認します。表紙もページ数に入るので注意しましょう。

②面付け作業をする
面付けとは、白紙を使って正しくページを振り分けていく作業です。
※ここで使用する白紙は、印刷用ではなく振り分けを確認するために用います。手作りでの中綴じの面付け

③ページ順の原稿を作る
面付けで振り分けたページを確認しながら、順番に原稿を作っていきます。原稿はPDFファイルで保存しておきましょう。

④紙を選ぶ
実際に印刷する紙を選びます。紙の特徴を押さえ、印刷に適した紙を選びましょう。

⑤印刷する
作成した原稿を両面プリントします。

⑥製本する
印刷まで終わったら、仕上げに製本して完成です。

プリンタが両面プリントに対応していること

中綴じ製本するには、プリンタが「両面プリント」に対応している必要があります
あらかじめプリンタの機能を確認しておきましょう。

AcrobatやReaderの小冊子印刷を使うと便利

PDF閲覧ソフトのAdobe AcrobatやReaderを使うと、自分で面付けする必要がなく便利です。
プリント設定で、中綴じ製本の並び順にページを振り分けて印刷できます。

「ページの拡大/縮小」で「小冊子の印刷」を選択し、「両面で印刷」を選択するだけですので、プリント設定も簡単に行えます。

Acrobatで小冊子の印刷を選ぶと自動でページ配置される

印刷が終わったら、印刷した紙をページ順に重ね、製本すれば完成です。
詳しい印刷方法については以下もご参照ください。

>>AcrobatまたはReaderを使用して小冊子を印刷する(Adobe)

このようにAcrobatやReaderを使うと、ページを振り分ける手間が省けます。
効率よく小冊子を製本したい方は、AcrobatやReaderを活用しましょう。

ホッチキス留めは自分で

ここでは、自宅にある道具でできる簡単な製本方法についてご紹介します。
準備するものは以下の3つです。

・ステップラー(ホッチキス)
・カッター
・定規

中綴じ製本の場合は、最後に冊子の真ん中を専用のステップラー(ホッチキス)で綴じます。冊子のサイズにもよりますが、2箇所留めが一般的です。

冊子を閉じたとき、内側の紙が外側に少しはみ出してしまうので、その分をカッターと定規を使って切り揃えれば完成です。
中綴じは内側のページがはみ出すのでカットする
切った部分は、小口(※)の余白部分にあたるので、文字や絵柄を切り落とす心配はありません。
(※小口・・冊子を開いたとき、外側にくる部分のこと。)

このように、プリンタを使って自作で製本が可能ですが、面付けやホッチキス留めが必要になります。
プリンタが両面プリント対応していることも条件です。

自作で冊子製本する場合は、意外と手間がかかることを覚えておきましょう。

コンビニプリントで印刷する場合

コンビニプリンタで印刷製本

自宅にプリンタがない方は、コンビニのマルチコピー機でも冊子を作れます。

冊子を作る場合は、マルチコピー機の「小冊子プリント」という機能を使います1ページずつデータを作成すれば、あとはマルチコピー機が面付けしてくれるので、中綴じ冊子が簡単にできます。

参考として、A5サイズの冊子を作る場合、紙1枚あたりのプリント料金は以下のとおりです。

・モノクロ   約10円/枚
・フルカラー  約50円/枚

料金も安いため、低コストで冊子作りが可能です。

小冊子プリントに対応している場合

セブンイレブンやローソンのマルチコピー機では、「小冊子プリント」に対応しています。
操作手順は、画面の案内に沿って入力すれば良いので簡単です。

トップ画面→プリント→普通紙プリントの順で進めていきましょう。
(※原稿データのPDFファイルを、USBメモリなどで持っていくことを忘れずに!)
印刷が終わったら、印刷した紙を2つ折りにし、ホッチキスで留めて製本完了です。

マルチコピー機で印刷する際は、原稿のPDFファイルのバックアップを必ず取っておきましょう
データ消失の可能性がゼロではないためです。

小冊子プリントに対応していない場合

小冊子プリントに対応していないコンビニプリントもあります。
その場合は「両面印刷」でプリントしましょう。

プリンタと同じ要領で、両面印刷の設定をしてプリントします。プリント後は、ホッチキス留めも必要です。

コンビニプリントは便利ではあるものの、全てが「小冊子プリント」に対応しているか分かりません。近所に「小冊子プリント」対応のコンビニプリントがない場合も考えられます。
また、プリントメニューも複数あるため、ややこしいと感じる方などは、印刷会社での冊子作成を検討しましょう。

印刷会社に頼む場合

PDFファイルを印刷会社で印刷製本

原稿のPDFファイルを印刷会社に入稿すれば、手間がかかる作業は全て、印刷会社が行ってくれます
たとえば、ページの配置(面付け)、製本作業は印刷会社が行います。

・自分でやりたいけど、時間が取れない。
・近所に小冊子対応のコンビニプリントがない。
・手順を調べたものの、よくわからない。
・ハイクオリティな冊子を作りたい。
・必要な部数が数十部以上あり、製本作業が大変。

など、1つでもあてはまる場合は、印刷会社での冊子作成をおすすめします。

ウイルダイレクトは5部から注文可能

印刷会社によって様々ですが、ウイルダイレクトは5部からご注文可能です。
最大で3,000部までならホームページからすぐにご注文いただけます。

例えば、中綴じ冊子5〜100部の場合の主な仕様は以下となります。

・印刷部数:5~100部(5部単位)
・対応サイズ:A4/B5/A5
・対応ページ:8~64ページ(4ページ単位)
・対応オプション:カラーページ差し込み
・価格():A4/8ページ/5部の場合、2,695円(税込)~ ※2021.3.1時点での金額

表紙本文の紙の厚みを選択できるのはもちろんですが、それぞれ異なった紙の種類でもご注文可能です。

上記にない仕様をご希望の場合は、直接ウイルダイレクトへご相談ください。
ご注文、ご相談はウイルダイレクトのホームページからアクセスできます。

>>ウイルダイレクトの冊子印刷商品はこちら

まとめ

この記事では、PDFファイルから製本する手段として、プリンタ・コンビニ・印刷会社の3つを比較しました。
ここでもう一度、それぞれの特徴を確認しましょう。

◎プリンタ
・自分のペースで、製作過程を楽しみながら製本できる。
・作業工程が多いため、手間と時間がかかる。

◎コンビニプリント
・面付き作業の手間が省けて、作業時間が短縮できる。
・近所に「小冊子プリント」対応のコンビニプリントがないと不便。

◎印刷会社
・原稿のPDFファイルを印刷会社へ入稿するだけで製本まで行ってくれる、なおかつハイクオリティ。
・プリンタで作成するより、料金がかかる。しかし、ご注文部数が多ければ多いほどコスパが良い。

いかがだったでしょうか。作業工程の多さを考えると、印刷会社へ注文するのが最も簡単でおすすめです。

大体の仕様が決まったら、まずはお気軽にご相談ください。ウイルダイレクトでは、お見積りを無料で承っております。


まずは、サイトで料金や仕様をチェック!
中綴じ冊子、無線綴じ冊子の印刷料金がご確認いただけます。
>>ウイルダイレクトの冊子印刷商品はこちら

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト