PDF入稿について

ウイルダイレクトのPDF入稿について
入稿PDF形式は「PDF/X-4」がおすすめです
ウイルダイレクトでは、PDFでのデータ入稿に対応しております。
Adobeソフトウェアでデータ作成のお客様は、印刷用フォーマットに準拠した「PDF/X-4」形式(もしくはPDF/X-1a形式)での入稿をおすすめしております。
「PDF/X-4」「PDF/X-1a」
作成ソフトウェアからPDFを書き出して入稿
Adobe/Officeなどデザインを作成したソフトウェアから、PDFデータを書き出し、ご入稿ください。
※Adobe/Officeなどのデザインデータでご入稿を希望される場合は、別途データ変換料金をいただいております。
 PDFでのご入稿がおすすめです。
作成ソフトウェアからPDFを書き出し
PDF入稿をおすすめする理由
作成ソフトウェアからPDFを書き出し
【理由1】 パソコン環境やソフトを選ばない
MacやWindowsといった機種の違いはもとより、IllustratorやInDesignといったデザイン向けソフトから、Word、Excelのようなオフィス向けソフトを使って書き出したPDFまで、対応可能です。
※PDFの書き出しはAdobe社のソフトウェアで書き出されたものを推奨します。
【理由2】 ファイルの個数を少なくでき、サイズも抑えられる
PDFは画像などのリンクデータを統合し、1つのファイルとして扱えるため、データの個数を減らせます。
また、圧縮によりファイルサイズを小さくすることができ、ファイル送信にかかる時間を軽減できます。
【理由3】 文字化けなどのトラブルに強い
PDFでは、フォントを自動埋め込みできるため、入稿後に「フォントがなくて文字化けした」などのトラブルを抑えることができます。
【理由4】 入稿リスクが低減できる
PDFは、情報の配布・交換を目的として作られたフォーマットで、IllustratorやWordのような、編集可能な形式の データと比較して、紙面情報が固定化されているため、規定の方法で書き出されてさえいれば、再入稿となるリスクが非常に少なくなります。
データをPDFに変換して入稿
PDF入稿について
PDF作成手順
入稿前のPDFチェック項目
データの圧縮方法
データの入稿