中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー
印刷通販プリントモール
賢者の販促
ウイルの印刷用語集

画像の解像度

画像の解像度について
解像度とは
画像の解像度は「画像のきめの細やかさ」を表し、一般的に「ppi( pixel per inch)」という単位で表されます。
「ppi 」は「1インチあたりのピクセルの数」、つまり「1インチ=25.4mmの中にどれだけのピクセルが並ぶ細かさなのか」を示しています。
画面上ではきれいに見えていても、印刷されると画像が粗く出力されるケースがありますが、原因は画像の解像度が足りないためです。解像度が大きいほど、高精細で滑らかに表示されますが、印刷物には適した解像度があり、低いと粗くぼやけた仕上りとなり、また高すぎても出力機の性能が追いつかず、美しく印刷されません。
解像度「ppi 」の数値が大きい方が、高精細で滑らかに表示される
画像の解像度は画像を縮小、拡大することでも解像度は変動します。拡大すると解像度は下がり、縮小すると解像度は上がります。縮小しても、元の画像が粗いデータの場合、鮮明になることはありません。
画像編集ソフトで解像度の変更が行なえるものがありますが、解像度の数値を大きくしても画像が劣化してしまいます。
画像が粗い場合には、解像度の高い別の画像に差し替えをお願いいたします。
画像データ上で解像度の数値を大きくしても、元の画像より高画質にはなりません
印刷に適した画像解像度
弊社が推奨する印刷に適したカラー/グレースケール画像の解像度は「350ppi」です。白・黒の2階調のみで表現したモノクロ画像の解像度は「1200ppi」が適しています。
目安ですが、カラー/グレースケール画像なら300~350ppi程度、モノクロ画像なら600~1200ppi程度であれば、印刷で高精細に仕上ります。
350ppiの画像72ppiの画像の再現イメージ
  • 150ppi程度になると画面では綺麗に見えても、冊子のような印刷物の場合は粗く感じられる仕上りになります。
  • WEB画像やスクリーンショットの画質でよく用いられる解像度は72ppiで、印刷物にした際にはとても粗い仕上りになります。
  •  ※弊社では、画像解像度はデータチェックの対象外です。推奨の解像度に満たない画像が配置されている場合も、 そのまま印刷・出力しますのでご入稿時は十分にご注意ください。
解像度の確認・変更
解像度の確認・変更
解像度の確認方法
画像ファイルの情報を見ることで、解像度および画像サイズが確認できます。Photoshopなどの画像編集ソフト上でも確認することができます。
Windowsでの解像度の確認方法
確認したい画像を右クリックし[プロパティ]を開きます。
[詳細]タブを選択すると、画像の詳細な情報が表示されます。
プロパティでの解像度の確認
Mac(Macintosh)での解像度の確認方法
確認したい画像を「プレビュー」ソフトで開きます。
[ツール]メニュー▶[サイズを調整]を選択。画像の詳細な情報が表示されます。
プロパティでの解像度の確認
Photoshopを使った解像度の確認・変更方法
1.【解像度の確認】
AdobeのPhotoshopで画像を開き、[イメージ]▶[画像解像度]でダイアログを表示してください。
ダイアログでの解像度の確認
2.【解像度の変更】
「画像の再サンプル」のチェックを外し、解像度の欄に変更したい解像度の数値を入力します。。
ダイアログで解像度の数値を入力
画像のサイズと拡大率について
解像度を高くしていくと、画像のサイズが解像度に反比例して小さくなります。画像の拡大率に注意してください。
配置する画像は、使用するサイズより大きめのものをご準備ください。
。画像の拡大率に注意
データ作成の基礎知識
トンボ
仕上がり位置/断ち落とし
カラー/オーバープリント
特色/リッチブラック
画像解像度
効果のラスタライズ設定について
文字の潰れについて
対応ソフトウェア