中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

絵柄作成時の注意事項

デザインの配置について
冊子の各部分について
冊子の各部分にはそれぞれ名称が付いています。
「小口」(こぐち)とは本を開く側の部分を指し、「ノド」とは、本文を開いたときの中央部分(綴じ側の部分)を指します。
「天」は本の上側のこと、「地」は本の下側のことです。
デザイン範囲について
冊子の構造上、ページ数が多かったり紙が厚めだと、どうしても断裁時に小口側にずれが生じてしまう恐れがあります。
必要な絵柄や文字などは仕上がり位置より4~5mm以上離し、余裕をもって配置していただくようお願いします。
また、ノド近くに文字や絵柄などを配置した場合、隠れてしまったり、見開きの絵柄がずれてしまう可能性があります。
ノド側10mm部分は文字や絵柄を配置しないようにしてください。
文字が切れてしまったり、隠れて読みづらくなってしまいます。
ページ番号について
冊子にページ番号(ノンブル)を入れる場合も同様に、仕上がり位置から4~5mm以上、ノド(綴じ部分)から10mm以上離して配置してください。
また、見開き状態にした時に、ページ番号が正しい位置にあるかご確認ください。
【参考例】右ページは右下、左ページは左下に置くこと事が多いです。
  • 冊子を開いた状態(見開き状態)は
     Adobe Acrobat[表示]▶[ページを表示]▶[見開きページ表示] から確認いただけます。
無線綴じ冊子の作成時の注意点
ノド(綴じ部分)から離して配置してください
無線綴じ冊子は、背部分を糊で固めて製本するため、本を開いた時に完全に開ききることができません。
ページ数や紙の厚さによって、綴じる部分の絵柄が見えにくくなります。
そのため、重要な絵柄や文字はノド(綴じ部分)から10mm以上離して配置してご入稿ください。
背表紙の幅(背幅)の調整が必要です
無線綴じ冊子は、「背表紙」が出来ます。背表紙の幅(背幅)は、用紙やページ数によって変わります。
そのため、背幅を考慮して表紙をデザインしていただく必要があります。
背幅の調整方法については、ソフトウェア別に以下のページで説明しております。
冊子に「ISBNコード」が入る場合
冊子にISBNコードが入る場合は番号に間違いがないかご確認ください。
1段目は「978」から始まる国際標準コードのISBN(International Standard Book Numbering)用バーコードです。
2段目は、日本独自の図書分類と税抜き本体価格です。お客様自身で番号を確認いただき、ご入稿ください。
お客様ご自身で、「番号の確認」と「読み取れるか」のご確認をお願いいたします。
入稿ガイド TOPへ