ご利用
ガイド

データ作成
ガイド

よくある
質問

トップに
戻る

冊子づくりのお悩み・ご質問はこちら

無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

表紙データアイコン

表紙データの作成について(Adobeソフト)

表紙データ作成時の注意点

無線綴じ冊子の表紙データは、背表紙を含めた「表紙まわり」で表・裏2つ分を準備してください。
※図は「左綴じ」の場合の配置になります。「右綴じ」の場合は、表1 と表4、表2 と 表3 の配置を左右逆にしてください。
表紙まわりの各名称解説図 表紙まわりの各名称解説図
表紙データの作成ポイント
【1】作成時の表紙データ
表紙データは以下の配置・サイズになるよう作成後、点線の範囲(トリムマークの外側)でアートボードを作成し、PDFを書き出してください。
※図はA4 サイズの場合の寸法です。他のサイズでご注文される場合は以下の数値に変更してください。
A4 サイズ B5 サイズ A5 サイズ B6 サイズ
210mm × 297mm 182mm × 257mm 148mm × 210mm 128mm × 182mm
【表紙まわりオモテ】作成時のポイント図解 【表紙まわりオモテ】作成時のポイント図解
【2】PDF書き出し後の入稿データ
PDF作成後、点線範囲の内容でPDFが書き出されているか確認し、表紙まわりオモテ・ウラの2ファイルを入稿ください。
PDF変換後の入稿データ図解 PDF変換後の入稿データ図解

テンプレート使用時の背幅の調整方法

当店のテンプレート(無線綴じA4)を使用した場合を例に、ソフト別にご説明しております
ソフト別マニュアル
お使いのテンプレートのソフトをお選びください。
アイコンをクリックするとそれぞれの書き出し方法に移動します。
Illustrator
InDesign
Illustratorテンプレートの背幅調整手順
※「 拡大・縮小時に線幅と効果を拡大・縮小する」のチェックは外した状態で、作業してください。
「線幅と効果を拡大・縮小」のチェックを外す
★背幅の数値を確認
サイト内「背表紙の幅を計算ツール」より、作成したい冊子の背幅()を確認します。
「背表紙の幅を計算ツール」でご注文冊子の表紙用紙・本文用紙・本文ページ数を入力し、背幅を算出する
【1】背幅を「背幅計算ツール」で確認した数値に調整
表紙テンプレートデータの【背幅ボックス(オレンジ・)】を選択します。
背幅ボックスを選択 背幅ボックスを選択
変形パネルにて、基準点を中央( )にし、[幅 W]()に背幅の値(例4.7mm)を入力します。
幅に背幅の値を入力 幅に背幅の値を入力
【2】折りトンボを調整した背幅に合わせる
折りトンボを全て選択した状態で、
変形パネルにて基準点を中央( )にし、[幅 W]()に背幅の値(例4.7mm)を入力します。
中央を基準に背幅と同じ幅に設定 中央を基準に背幅と同じ幅に設定
背幅ボックスの両端の延長に折りトンボが配置されれば完了です。
【3】調整した背幅分、「表紙サイズ」「塗り足し範囲」を右に広げる
変形パネルにて基準点を中央( )にし、[幅 W]に背幅の値を「+入力」していきます。
■仕上がり範囲を広げる
ガイド線(ブルー)を選択()して、[幅W]に+入力()します。
仕上がり範囲を背幅分だけ広げる 仕上がり範囲を背幅分だけ広げる
■塗り足し範囲を広げる
ガイド線(ピンク)を選択()して、[幅W]に+入力()します。
塗り足し範囲を背幅分だけ広げる 塗り足し範囲を背幅分だけ広げる
【4】トンボ(トリムマーク)を再設定
元からついているコーナートンボとセンタートンボを削除し、折りトンボのみの状態にします()。
ガイド線(ブルー)を選択()し、「オブジェクト」→「トリムマーク作成()」でトンボを再設定します。
折りトンボ以外を消去 ▶ ガイド線(ブルー)にトンボを再設定 折りトンボ以外を消去 ▶ ガイド線(ブルー)にトンボを再設定
【5】アートボードを再設定したトンボに合わせる
【4】で作成したトンボを選択した状態で、「オブジェクト」→「アートボード」
→「選択オブジェクトに合わせる()」でアートボードを再設定したトンボに合わせます。
アートボードをトンボに合わせる アートボードをトンボに合わせる
InDesignテンプレートの背幅調整手順
★背幅の数値を確認
サイト内「背表紙の幅を計算ツール」より、作成したい冊子の背幅()を確認します。
「背表紙の幅を計算ツール」でご注文冊子の表紙用紙・本文用紙・本文ページ数を入力し、背幅を算出する
【1】表紙テンプレートを開いて、ページから「背表紙部分」を選択
ツールパネルより【ページツール】を選択()します。
ページツールで、テンプレートの背表紙部分を選択()します。
【2】背表紙部分の幅(W)数値を変更する
背表紙部分を選択したまま、上部パネルの[W]に、「背表紙の幅計算ツール」で確認した背幅の値を入力()します。
※デフォルトでは10mmになっています。
【3】背表紙部分の調整完了
背表紙の幅が作成したい冊子に合わせて変更されました()。
左右のページは、変更に合わせて自動で移動します。これで、背幅の調整は完了です。
入稿ガイド TOPへ