トンボについて

トンボについて
「トンボ」とは、仕上りサイズで断裁するための位置を表すマークです。
台紙の外側の角(コーナー)と中央(センター)に付けられている、線を2本重ねたようなマークを「トンボ」といいます。
トンボが付いていないと、位置が合わせられないため、印刷機での紙への印刷そのものができなくなります。
印刷用のデータには、コーナートンボ・センタートンボを必ず付けてください。


コーナートンボとセンタートンボ
トンボの作成方法
Illustratorを使ってデータを作る場合は、「効果」から「トリムマーク」でトンボを付けることができます。
「トリムマーク」で作成したトンボは、自動的に「レジストレーションカラー」に設定されます。
トンボは、必ず線色の設定を「レジストレーションカラー」にしてください。
(手動で付ける場合はCMYKを各100%にしてください。)
トンボをレジストレーションカラーに
折り加工が入る部分には、忘れずに「折りトンボ」も配置してください
無線綴じ冊子の場合は、背表紙部分で折り加工が入るため、折り位置にもトンボ(「折りトンボ」)が必要となります。
その際、必ず線色は「レジストレーションカラー」にしてください。
折トンボもレジストレーションカラーに
データ作成の基礎知識
トンボ
RGBカラー/CMYKカラー
仕上がり位置/断ち落とし
対応ソフトウェア
文字の潰れについて