仕上がり位置について

塗り足し(裁ち落とし)について
ヌリタシとは
印刷工程では、何百枚と重ねて一度に断裁するので、用紙の収縮や刃先の厚み・流れ等の影響で、断裁のズレが生じてしまいます。
断裁機の僅かな位置ズレにより、紙の白場が見えてしまうのを防ぐため、仕上がり位置の外側に3mm以上、わざとはみ出すように余分にデザインしておくことを「塗り足し」といいます。
塗り足しの幅は、「最低3mm」
当サイトでは、塗り足しの幅を「最低3mm」としています。
塗り足しが3mm未満の場合、紙端に白場が見えてしまう可能性があります。
塗り足し幅について
仕上がり位置周りの文字・絵柄について
文字やデザインは、仕上がり位置より2~3mm内側に配置してください
断裁時のわずかな位置ズレにより、印刷仕上がり範囲(仕上がり線)付近にある文字やデザインは切れてしまう可能性があります。切れては困る文字やデザインは、仕上がり線より2~3mm内側に収まるように配置することで、文字/絵柄切れを防ぐことができます。
文字デザインの配置について
データ作成の基礎知識
トンボ
RGBカラー/CMYKカラー
仕上がり位置/断ち落とし
対応ソフトウェア
文字の潰れについて