文字のつぶれについて

ソフト別マニュアル
Adobe
Office
Adobeソフト使用時の注意点
文字に線幅を指定して、太字にするとつぶれやすくなります
IllustratorやInDesignなどのアプリケーションソフトは、文字の線幅を指定することもできますが、
線幅を太くしすぎると字がつぶれてしまい、文字が読みにくくなってしまいます。
文字を太字にする場合はフォントの太さの種類を変更することをオススメします。
文字の潰れについて
仕上がり位置周りの文字・絵柄について
小さい文字や太めの書体に、太字(ボールド)機能を使うとつぶれやすくなります
ワード・エクセル・パワーポイントなどの、Officeソフトでは、文字を太字(ボールド)にする機能がありますが、
小さい文字の場合や、もともと太めの書体に適用させた場合、文字がつぶれて見づらくなってしまう場合があります。
太字機能の注意
Officeソフトの太字(ボールド)機能は、文字を少しずつずらして重ね合わせ、擬似的に太く見せかけて出力・印刷できるようにしています。そのため、フォントサイズが小さい場合や、もともと太めのフォントに適用させると、文字の白場がなくなってしまう「文字つぶれ」が起こってしまいます。

太字機能を使わず文字を強調したい時は、フォントサイズを大きくするか、太めのフォントを使用しての対応をおすすめしています。
データ作成の基礎知識
トンボ
RGBカラー/CMYKカラー
仕上がり位置/断ち落とし
対応ソフトウェア
文字の潰れについて