ご利用
ガイド

データ作成
ガイド

よくある
質問

トップに
戻る

冊子づくりのお悩み・ご質問はこちら

無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

文字の大きさアイコン

文字の大きさ・潰れ・欠けについて

文字の大きさ・潰れ
IllustratorやInDesignなどのアプリケーションソフトは、文字の線幅を指定することもできますが、線幅を太くしすぎると
文字がつぶれてしまい、文字が読みにくくなってしまいます。
文字を太字にする場合はフォントの太さの種類を変更することをオススメします。
  • 文字に線幅を指定して、太字にするとつぶれやすくなります。
線幅で文字を太くすると文字がつぶれる
文字の欠け(文字サイズ)について
テキストの文字サイズが小さい場合、印刷しても読めないことがあります。
また、一定のサイズを下回ると、文字がつぶれてきれいに再現されない場合があります。
  • 弊社推奨のテキスト文字サイズ
  • Adobeソフトで作成の場合 ︓6ポイント(≒8Q)以上での作成を推奨しています。
  • Officeソフトで作成の場合 ︓8ポイント以上での作成を推奨しています。
  • Officeソフトの場合、8ポイントより小さい文字サイズを使用した場合に、文字の一部が欠ける場合が
     ございます。
     詳しくはこちら︓▶Officeソフトの注意点|文字欠け(文字サイズ)について
文字サイズが小さいと、文字の一部が欠けて印刷される場合があります
入稿ガイド TOPへ