RGBカラー/CMYKカラー

CMYKカラーとRGBカラー
印刷用データがRGBカラーの場合は、色調が正しく再現されない場合があります。
一般的なデジタルカメラやTVの画像はRGBでフルカラーを表現していますが、冊子などの印刷物の場合はCMYK(シアン【C】・マゼンタ【M】・イエロー【Y】・ブラック【K】)の4色のインキを混ぜ合わせることでフルカラーを表現しています。
CMYKカラーはRGBカラーより色の再現できる範囲が狭いため、CMYKで再現できないRGBカラーは再現できる範囲内で近似値のCMYKカラーに置き換えられます。
CMYKとRGBのカラーモード
ソフト別マニュアル
Adobe
Office
Adobeカラー設定
Adobeソフトウェアでデータ作成する場合は、カラーモードをCMYKに
IllustratorやInDesign、PhotoshopなどのAdobeソフトウェアで、カラー印刷用のデータを作る場合は、必ずCMYKモードでデータ作成を行ってください。
RGBモードのデータの場合は、PDF書き出しの際に、自動的にCMYKモードに変換されますが、色調が正しく再現されない場合があります。
Illustrator/Photoshopのカラーモード設定例
Adobeカラー設定
Officeソフトウェアのデータは、全てRGBカラーになります
ワード・エクセル・パワーポイントなどのOfficeソフトウェアで作成したデータは、全てRGBカラーになります。
ただし、印刷時の色は全てCMYKカラーで再現されるため、仕上がりの印刷物とディスプレイで見るプレビューとは色味が変わりますので注意が必要です。
目安として、印刷物(CMYKカラー)の色味は、ディスプレイ(RGBカラー)で見る色味よりもややくすんだ感じに再現されます。
RGBよりもCMYKがくすむ現象
特色(とくしょく)について
特色カラーはプロセスカラー(CMYKカラー)に変更してください
特色(とくしょく)は、CMYKのインキを使って、様々な色を表現するのではなく、最初から目的の色(特色)のインキを作成し、印刷する手法です。
Adobeソフトウェアでは、データ作成時に、特色カラー(スポットカラー)を登録設定することができますが、PDF作成時には、プロセスカラーに設定変更をおこなってください。
特色カラーのまま、書き出されたPDFでは、印刷時に色調が正しく再現されない場合があります。
特色の変換について
オーバープリントについて
オーバープリント設定をデータ上でご確認ください
オーバープリント設定は入稿データの設定がそのまま反映されてしまいます。
Illustrator / InDesign ではカラーの属性で「塗り(線)にオーバープリント」にチェックを入れると、オーバープリントの有無を設定できますが、有効にしていた場合、想定しない箇所でオーバープリントが反映されてしまうことがあります。
「墨ノセ」処理を行う場合以外は、オーバープリントのチェックを外した状態で、データを作成してください。
特色の変換について
データ作成の基礎知識
トンボ
RGBカラー/CMYKカラー
仕上がり位置/断ち落とし
対応ソフトウェア
文字の潰れについて