中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー
印刷通販プリントモール
賢者の販促
ウイルの印刷用語集

カラー/オーバープリント

CMYKカラーとRGBカラー
一般的なデジタルカメラやTVの画像はRGBでフルカラーを表現していますが、冊子などの印刷物の場合はCMYK(シアン【C】・マゼンタ【M】・イエロー【Y】・ブラック【K】)の4色のインキを混ぜ合わせることでフルカラーを表現しています。
CMYKカラーはRGBカラーより色の再現できる範囲が狭いため、CMYKで再現できないRGBカラーは再現できる範囲内で近似値のCMYKカラーに置き換えられます。
CMYKとRGBのカラーモード
Adobeカラー設定
IllustratorやInDesign、PhotoshopなどのAdobeソフトウェアで、カラー印刷用のデータを作る場合は、必ずCMYKモードでデータ作成を行ってください。
RGBモードのデータの場合は、PDF書き出しの際に、自動的にCMYKモードに変換されますが、色調が正しく再現されない場合があります。
Illustrator/Photoshopのカラーモード設定例
オーバープリントについて
Illustrator / Indesign ではカラーの属性で「塗り(線)にオーバープリント」にチェックを入れると、オーバープリントの有無を設定できますが、想定しない箇所で有効にしていた場合は、オーバープリントがそのまま反映されてしまいます。
白色のデータにオーバープリント設定されている場合は、画面上で絵柄が見えていても、出力すると消えてしまいます。
  • 「ブラック100%のオーバープリント(墨ノセ)」処理以外は、オーバープリント設定のチェックを外してください。
  • 白色の文字や絵柄にオーバープリントを設定すると印刷されませんのでご注意下さい。
オーバープリント設定をした絵柄は、色が透過した(=ノセ)状態で再現される
ブラック100%のオーバープリント(=墨ノセ)以外は、オーバープリント設定を行わない
白色にオーバープリントを設定すると印刷されません
、ドキュメント設定で白色
オーバープリントを無効にできます
データ作成の基礎知識
トンボ
仕上がり位置/断ち落とし
カラー/オーバープリント
特色/リッチブラック
画像解像度
効果のラスタライズ設定について
文字の潰れについて
対応ソフトウェア