中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー
印刷通販プリントモール
賢者の販促
ウイルの印刷用語集

Officeデータ作成時の注意点

注意ポイント一覧
ドキュメントのサイズ
仕上がりサイズでのデータ作成をお願いいたします。
ただし、縁なし印刷を行う場合は、仕上がりサイズに塗り足し分:上下左右に「各3mm」を足したサイズに
設定のうえデータを作成してください。
紙の端に白いフチを出したくない場合は、必ず裁ち落とされる背景の「塗り足し」をご作成ください。
サイズ 単ページ塗り足しなし
(縁あり印刷の場合)
ご入稿データサイズ
単ページ塗り足しつき
(縁なし印刷の場合)
ご入稿データサイズ
A4 297mm×210mm 303mm×216mm
B5 257mm×182mm 263mm×188mm
A5 210mm×148mm 216mm×154mm
B6 182mm×128mm 188mm×134mm
【塗り足しとは】
仕上がりサイズよりも外にある、裁ち落とされる部分のことをいいます。
フチなし印刷(紙端まで色を印刷したい場合)には、この塗り足しが必ず必要となります。
Officeソフト別のサイズ設定方法
お使いのソフトに合わせてサイズを設定してください。
Wordでサイズを設定する Excelでサイズを設定する PowerPointでサイズを設定する
レイアウト
Officeの仕様で、PDFに変換した際に文字や改行がずれる場合があります。必ずPDFに変換した後に、
レイアウトが崩れていないかをご確認ください。
表組み(罫線)の設定
Word、Excel、PowerPointで表組みを作成する場合、罫線が細すぎる場合は印刷時に正しく再現されないことがあります。

線のスタイルを設定する場合は「最も細い線」は使用せず、他のスタイルを使用してください。
表組みなど罫線を多用する場合は、最初から「太めの罫線」で作成することでトラブルを防ぎやすくなります。
    「最も細い線」スタイルを使用した場合、ページ設定や印刷条件により罫線の印刷結果が以下のように再現されてしまう恐れがあります。
  • 線が欠けたり、スタイルの見た目通りに正しく再現されなかったりする。
最も細い線のスタイルは使用しないでください。
「最も細い線」を使用している場合、正しく変換されない場合があります。
WordページにExcelで作成した表組みデータを貼り込む場合、表組み内の罫線が正しく再現されない場合があります。
以下①②の組み合わせにより、正しく再現されない場合があります。
①表組みの貼り込み形式 ②罫線のスタイル
貼り込み形式で「図としてペースト」を使用する際はご注意ください。
  • 「図としてペースト」で貼り込む場合、罫線のスタイルが「最も細い線」、「点線(極細)」、「二点鎖線(極細)」の場合は正しく印刷再現されません。線の一部が欠けたり、実線で印刷されてしまいます。
  • 「元の形式を保持してペースト」で貼り込むことで、上記の不具合は回避可能ですが、貼り込むページサイズより表組みのサイズが大きい場合は、表組みの体裁自体が崩れてしまう可能性がございます。
※上記の線スタイルで作成されたデータの場合でも、弊社ではそのまま印刷工程に進行いたしますのでご注意ください。
図形の線について
Word/Excel/PowerPoint上で図(図形)に線を付ける場合、線が細すぎると印刷されない場合があります。
「図(図形)の書式設定」を使用して線を設定する際は、太さをご留意の上、データを作成ください。
弊社で推奨している線の太さは、以下になります。
  • 図(図形)の書式設定での線の太さ : 0.2ポイント(=0.07mm)以上 にしてください。
※0.2ポイント未満の線が使用されていても、弊社では線幅に関わらずそのまま印刷工程に進行いたします。ご注意ください。
画像の挿入について
Officeソフトではイメージファイル(図や写真画像)を挿入する際に画質がソフト側で設定されます。
WordやExcelでは、初期設定のままイメージファイルを挿入すると、高解像度の画像も、画質を落とした状態で貼り込まれてしまいます。また、ページ内で画像を縮小すると、画像サイズもリサイズされてしまいます。
  • 高解像度で印刷したい場合は、ソフト側の設定を「高品質(362ppi )」に変更してからページ作成を行ってください。
  • Word、Excelでは、初期設定で「解像度220ppi」に設定されています(※弊社の推奨解像度は350ppiです)。解像度220ppi以上の画像は、保存の際に220ppiに圧縮されてしまいます。
  • 「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れた場合、画像は圧縮されませんが、ファイル容量が非常に大きくなる場合があります。必要に応じて適宜設定ください。
※弊社では、画像解像度はデータチェックの対象外となります。解像度が下がった状態の画像が配置されている場合、
そのまま印刷・出力しますので、十分にご注意ください。
1.Officeソフトを起動し、[ファイル][オプション][詳細設定]の順にクリックします。

2.[イメージのサイズと画質] [既定の解像度] [高品質] を選択します。
1.Officeソフトを起動し、[Word/Excel/PowerPoint][環境設定][編集]の順にクリックします。

2.[イメージのサイズと画質][既定の解像度] [高品質] を選択します。
特殊効果(透明効果、パターン効果、ワードアート)について
透明効果やパターン効果、ワード−アートなどの特殊効果は使用しないでください。
  • Officeソフトでは、図形や文字を作成する際によく使われますが、印刷用のデータ処理には完全に対応していないた め、絵柄が抜け落ちたり、正しく再現されないトラブルが発生する場合があります。
※上記の特殊効果が使用されたデータで入稿される場合は、印刷結果にご了承をいただいているものとして進行いたします。使用する場合は事前にPDFデータを紙で出力し、意図した通りの体裁になっているかを必ずご確認の上、入稿ください。
図形に透明度をつけられる「透過性」機能は、印刷用データ処理の際に、お互いの模様が干渉を起こす「モアレ」の原因となったり、出力機が網目模様の細かさに対応できず絵柄が抜け落ちてしまうトラブルが発生する場合があります。
図形などに模様を指定できる「パターン」効果も、印刷処理ではトラブルの原因となります。
「パターン」を使用すると、データ処理の際に見た目が異なってしまったり、印刷用のカラー変換処理でトラブルがおこる場合があります。複雑なパターンを使用すると、モアレが発生する可能性もあります。
簡単に加工文字を作成できる「ワードアート」も、印刷処理ではトラブルの原因となります。
「ワードアート」では影やぼかし、透明などの装飾部分が、印刷処理の際にはうまく再現されません
文字のつぶれ・欠け
ワード・エクセル・パワーポイントなどの、Officeソフトでは、文字を太字(ボールド)にする機能がありますが、小さい文字の場合や、もともと太めの書体に適用させた場合、文字がつぶれて見づらくなってしまう場合があります。
Officeソフトの太字(ボールド)機能は、文字を少しずつずらして重ね合わせ、擬似的に太く見せかけて出力・印刷できるようにしています。そのため、フォントサイズが小さい場合や、もともと太めのフォントに適用させると、文字の白場がなくなってしまう「文字つぶれ」が起こってしまいます。
  • 文字を強調したい時は、太字機能は使わず、フォントサイズを大きくするか、太めのフォントを使用しての対応をおすすめしています。
Officeソフトでは、文字の大きさを指定するときに「ポイント(pt)」という単位が使用されています。
弊社では、印刷物に使用する文字サイズは「8ポイント(≒11Q)」以上を推奨しています。
8ポイントより小さい文字を使用される場合、文字の一部が欠ける場合があります(特に、明朝系の書体で欠けやすい傾向があります)
印刷の色味
ワード・エクセル・パワーポイントなどのOfficeソフトウェアで作成したデータは、全てRGBカラーになります。
ただし、印刷時の色は全てCMYKカラーで再現されるため、仕上がりの印刷物とディスプレイで見るプレビューとは色味が変わりますので注意が必要です。目安として、印刷物(CMYKカラー)の色味は、ディスプレイ(RGBカラー)で見る色味よりもややくすんだ感じに再現されます。
  • 印刷の色味の調整に関して、弊社での対応は出来かねますのでご了承ください。
▼CMYKカラーの色味は、RGBカラーよりもややくすんだ感じに再現されます。