ご利用
ガイド

データ作成
ガイド

よくある
質問

トップに
戻る

冊子づくりのお悩み・ご質問はこちら

無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

PDF変換アイコン

PDF変換(Office)

変換方法は2通り
CubePDF”でPDF変換する
CubePDFとは?
CubePDFは、Microsoft Word,Excel,PowerPointと言った様々なアプリケーションから、すばやくPDFに変換するこ とのできる、とても便利なPDF変換・作成ソフトです。
CubePDFをお持ちでない方は、下記アドレスよりダウンロード、インストールしてご利用ください。
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/
CubePDFでの変換手順
※手順の画面はWordの場合ですがExcel、PowerPointも同様にして変換いただけます
1.プリンターの設定
▶PDF変換したいデータ開き、「ファイル」から「印刷」を選択
▶プリンターから「CubePDF」を選択し、「プリンターのプロパティ」をクリック
2.CubePDFのプロパティから詳細を設定
▶「詳細設定」をクリック
▶用紙サイズ 「A4」など冊子の仕上がりサイズ
▶印刷品質 「600dpi」
▶TrueTypeフォント:「ソフトフォントとしてダウンロード」
▶PostScript出力オプション:「エラーが軽減するよう最適化」
▶TrueTypeフォントダウンロードオプション:「アウトライン」
上記の設定終了後、「OK」をクリックし、最初の画面に戻ります.
※塗り足しが必要な場合
▶用紙サイズ 「PostScriptカスタムページサイズ」を選択
▶カスタムページサイズの設定より「幅」と「高さ」を入力し「OK」をクリック
仕上がりサイズに上下左右に3mmずつ、足したサイズを入力。
※A4サイズの場合→幅:「216mm」と高さ:「303mm」
3.CubePDFのプロパティに戻り、「OK」をクリック
4.「印刷」をクリック
5.CubePDFのウインドウから「変換」をクリック
6.データの保存先を指定。ファイル名をつけ「保存」をクリック
7.CubePDFのウインドウに戻り「変換」をクリックし、PDF変換完了
●保存したPDFは、ご入稿前に、データ通りにデザイン・内容が正しく再現されているか、必ずご確認
ください。
●弊社では、PDF内のデザイン・内容の校正・校閲はおこないません。絵柄が正しく再現されていない
PDFを入稿いただいた場合、そのまま印刷されてしまう可能性がございます。ご注意ください。
方法② Officeソフトから「エクスポート」でPDF変換する
Officeソフト(Word/Excel/PowerPoint)からのPDF変換手順
※手順の画面はWordの場合ですがExcel、PowerPointも同様にして変換いただけます
1.PDF変換したいデータ開き、「ファイル」から「エクスポート」を選択
▶「PDF/XPSドキュメントの作成」より、「PDF/XPSの作成」をクリック
2.ファイルの種類がPDFになっていることを確認し、「オプション」をクリック
3.PDFのオプションより「ISO 19005-1に準拠(PDF/A)にチェックを入れ、「OK」をクリック
4.設定を終えたら、「発行」をクリックし、PDF変換完了
●保存したPDFは、ご入稿前に、データ通りにデザイン・内容が正しく再現されているか、必ずご確認
ください。
●弊社では、PDF内のデザイン・内容の校正・校閲はおこないません。絵柄が正しく再現されていない
PDFを入稿いただいた場合、そのまま印刷されてしまう可能性がございます。ご注意ください。
●変換後のPDFファイルで不具合(’画像の背景色や透明色が白抜きになるなど)があった場合は、
以下のように変更後、再度PDF変換を行ってください。
1.「 ISO 19005-1に準拠(PDF/A)」のチェックを外す
2.「フォントの埋め込みが不可能な場合は、テキストをビットマップに変換する」にチェックを入れる
※この方法では特殊なフォントが埋め込めない場合はございます その際は、CubePDFを使ったPDF変換をお試しください
入稿ガイド TOPへ