中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

罫線の設定について

表組み(罫線の設定)
罫線のスタイル設定
Word、Excel、PowerPointで表組みを作成する場合、罫線が細すぎる場合は印刷時に正しく再現されないことがあります。

線のスタイルを設定する場合は「最も細い線」は使用せず、他のスタイルを使用してください。表組みなど罫線を多用
する場合は、最初から「太めの罫線」で作成することで変換時のトラブルを防ぎやすくなります。
  • 「最も細い線」スタイルを使用した場合、ページ設定や印刷条件により罫線の印刷結果が以下のように
    再現されてしまう恐れがあります。
  • 線が欠けたり、スタイルの見た目通りに正しく再現されなかったりする。
最も細い線のスタイルは使用しないでください。
最も細い線のスタイルは使用しない
「最も細い線」を使用している場合、正しく変換されない場合があります。
線が欠けたり、スタイル通りに正しく再現されない場合があります。
Word内にExcelデータを貼り込む際の注意点
WordページにExcelで作成した表組みデータを貼り込む場合、表組み内の罫線が正しく再現されない場合があります
以下①②の組み合わせにより、正しく再現されない場合があります。
①表組みの貼り込み形式 ②罫線のスタイル
罫線スタイルと図の貼り込み形式の一覧表
貼り込み形式で「図としてペースト」を使用する際はご注意ください。
  • 「図としてペースト」で貼り込む場合、罫線のスタイルが「最も細い線」、「点線(極細)」、
     「二点鎖線(極細)」の場合は正しく印刷再現されません。
    線の一部が欠けたり、実線で印刷されて
     しまいます。
  • 「元の形式を保持してペースト」で貼り込むことで、上記の不具合は回避可能ですが、貼り込むページ
     サイズより表組みのサイズが大きい場合は、表組みの体裁自体が崩れてしまう
    可能性がございます。
画像を貼りこむ際は「元の書式を保持」を使用する。罫線は「最も細い線」のスタイルは使用しない。線スタイルによっては実線に変換されるものもある。
※上記の線スタイルで作成されたデータの場合でも、弊社ではそのまま印刷工程に進行いたしますのでご注意ください。
図形の線について
Word/Excel/PowerPoint上で図(図形)に線を付ける場合、線が細すぎると印刷されない場合があります。 「図(図形)の書式設定」を使用して線を設定する際は、太さをご留意の上、データを作成ください。 弊社で推奨している線の太さは、以下になります。
  • 図(図形)の書式設定での線の太さ ︓ 0.2ポイント(=0.07mm)以上にしてください。
※0.2ポイント未満の線が使用されていても、弊社では線幅に関わらずそのまま印刷工程に進行いたします。ご注意ください。
入稿ガイド TOPへ