中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト

▶ ログイン ▶ 新規会員登録(無料)
無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

表紙データの作成について(Officeソフト)

表紙データ作成時の注意点
無線綴じ冊子は、本文を表紙でくるむため、以下の手順を参考に、背表紙を考慮して表紙データを作成してください。
※図は「左綴じ」の場合の配置になります。「右綴じ」の場合は表1・表4、表2・表3 の配置を左右逆にしてください。
冊子印刷に必要な表紙データ図
背表紙データの作成手順
【1】背表紙の幅を計算する
サイト内「背表紙の幅計算ツール」ページより、作成したい冊子の 背幅(①)を確認します
背表紙の幅を確認
【2】背表紙のデータを作成する
表紙まわりのデザインによって作成手順が異なります。該当する項目をご参照ください。
  • 背表紙の幅が「3mm以下」の場合は、背表紙に文字を入れるのはおすすめしません。
     文字サイズが小さいため、印刷しても読みづらいです。
     製本時にレイアウトが崩れる可能性も高くなります。
  • 背表紙にデザイン要素がない場合
     背表紙が白無地(文字・絵柄も背景色もない)の場合は、背表紙データは必要ありません。
     ご注文時【お問い合わせ欄】に「背表紙は白無地」の旨をご記入ください。
     白の背表紙は当店で準備いたします。
  • 背表紙が白無地の場合の注意点
背表紙が、表紙・裏表紙と異なるデザインの場合
背表紙に冊子タイトルのみを記載するような独立したデザインの場合は、表紙・裏表紙とは別に背表紙データを作成し、併せて入稿します。
※表紙・裏表紙は、本文と同じ通常の仕上がりサイズで作成してください。
表紙データ図
【背表紙の作成方法(Wordの場合)】
手順1:用紙サイズを、冊子のページサイズより 一回り大きいサイズに設定します。
 例えば、A4冊子なら、用紙サイズを一回り大きい「B4」や「A3」サイズに設定してください。
用紙サイズ設定方法図
手順2:背表紙用のテキストボックスを作成します。
テキストボックス作成手順
手順3:背表紙のサイズを「横:背表紙の幅、縦:ページの長さ」で指定します。
テキストボックスサイズ指定方法
手順4:「図形の書式設定」で以下に設定する。
●垂直方向の配置:左右中央
●余白:すべて「0mm」に設定する
テキストボックス詳細設定方法
手順5:テキストを入力し、センター配置にして完成。PDFを書き出して入稿します。
テキスト配置設定方法
背表紙が、表紙・裏表紙にまたがるデザインの場合
背表紙の絵柄や文字が表紙・裏表紙にまたがっているデザインの場合は、表紙・背表紙・裏表紙をひとつなぎにしたデータを作成して入稿します。
表紙データ図
【背表紙と表紙・裏表紙をひとつなぎにしたデータを作成する】
手順1:表紙・背表紙・裏表紙がつながってデザインされた画像データを作成します。
手順2:「背表紙の幅計算ツール」で算出した背表紙の幅の分だけ、ページの幅を左右に拡大します。
※拡大するのは「幅」のみです。

【例:背表紙の幅が4.7mmの場合(Word)】
[レイアウト]▶[その他の用紙サイズ]▶[用紙サイズ]▶[OK]
用紙サイズ調整方法図(Word)
【例:背表紙の幅が4.7mmの場合(PowerPoint)】
[デザイン]▶[スライドのサイズ]▶[ユーザー設定のスライドのサイズ]▶[OK]
用紙サイズ調整方法図(PowerPoint)
手順3:手順1の画像データを貼り込めば、表紙ページのデザインが完成します。PDFを書き出して入稿します。
入稿ガイド TOPへ