ご利用
ガイド

データ作成
ガイド

よくある
質問

トップに
戻る

冊子づくりのお悩み・ご質問はこちら

無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
SSLとは?

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクトLINE公式アカウント

公式アカウント始めました!

Instagram
Facebook

サービス情報やお役立ち情報を
発信中です。

ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー

キャンペーン情報や豆知識など、
話題が満載です!

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

特殊効果アイコン

特殊効果について

特殊効果(透明効果、パターン効果、ワードアート)について

透明効果やパターン効果、ワード−アートなどの特殊効果は使用しないでください。
  • Officeソフトでは、図形や文字を作成する際によく使われますが、印刷用のデータ処理には完全に対応していないた め、絵柄が抜け落ちたり、正しく再現されないトラブルが発生する場合があります。
※上記の特殊効果が使用されたデータで入稿される場合は、印刷結果にご了承をいただいているものとして進行いたします。使用する場合は事前にPDFデータを紙で出力し、意図した通りの体裁になっているかを必ずご確認の上、入稿ください。
「透明効果」の使用はお控えください
図形に透明度をつけられる「透過性」機能は、印刷用データ処理の際に、お互いの 模様が干渉を起こす「モアレ」の原因となったり、出力機が網目模様の細かさに対応できず 絵柄が抜け落ちてしまうトラブルが発生する場合があります。
上記のような不具合はデータ上での発見が難しいため、 実際に印刷してから発覚する場合があり、大変危険です。 上記のような不具合はデータ上での発見が難しいため、 実際に印刷してから発覚する場合があり、大変危険です。
「パターン効果」の使用はお控えください
図形などに模様を指定できる「パターン」効果も、印刷処理ではトラブルの原因となります。
「パターン」を使用すると、データ処理の際に見た目が異なってしまったり、印刷用のカラー変換処理でトラブル
おこる場合があります。複雑なパターンを使用すると、モアレが発生する可能性もあります。
パターン効果が正しく再現されない場合があります。 パターン効果が正しく再現されない場合があります。
「ワードアート」の使用はお控えください
簡単に加工文字を作成できる「ワードアート」も、印刷処理ではトラブルの原因となります。
「ワードアート」では影やぼかし、透明などの装飾部分が、印刷処理の際にはうまく再現されません。
入稿ガイド TOPへ