冊子の背幅について

無線綴じ冊子は、表紙で本文を包み込む製本方法のため「背」が出来ます。「背」の幅は、用紙とページ数によって変化します。そのため背幅を考慮して、表紙をデザインしていただく必要があります。

背幅の自動計算はこちら

表紙の用紙と本文の用紙、本文のページ数を選択してください。背幅の寸法が表示されます。

①表紙用紙: 

②本文用紙: 

③ページ数: 

冊子の背幅は  mmです。

※上記計算方法で出せる背幅は、あくまで参考値となります。
 実際は絵柄などによるインク量の影響により、多少厚みが変わる場合もあります。
※ページ数が多い冊子はその誤差も大きくなる為、なるべく表紙の小口側には文字を入れないようご注意ください。

■背幅の計算方法
背幅(mm)=(表紙の紙厚×2)+(本文の紙厚×ページ数÷2)

上記の計算式とご希望の用紙の厚さ(紙厚)から背幅をご確認いただき、入稿するデータを作成してください。

冊子の入稿データ作成時の注意点
■表紙は、指定のテンプレートを使用(背幅部分は編集が必要)してください。
 本文は、ページ数分だけテンプレートを複製してご使用ください。

■本文データのファイル名には、必ずページ番号を記載してください。 

■ページ番号は、本文1ページ目をp1として、表紙ページ(4ページ分)を含めない数になります。
 以下の条件に気をつけてデータ作成・入稿をおこなってください。

 テンプレート名は以下のようになっております。
  ・表紙オモテ:「h■-h■_A4_hyousi_○○○.ai」 ※■には表1〜4に合わせて表紙番号を入れてください。
  ・本文 「p●●●_A4(サイズ名)_honbun_○○○.ai」
  ※●には、本文1ページ目=p001・・・として数えた「ページ番号」をページファイルごとにつけてください。
  ※○には、「半角英数」で共通の名前をつけてください。 

■入稿は、指定形式のPDFデータでお願いします。
 入稿形式は「PDF/X-4もしくはPDF/X-1a形式のPDFデータのみ」となります。
 IllustratorやIndesign、Officeなどアプリケーションデータでの入稿は受付けておりません。


 【Illustraotorでデータ作成される場合】
  テンプレートにデザインを配置した状態でPDFを書き出してください。

 【Indesign/Photoshopでデータ作成される場合】
  仕上りサイズで作成した各ページに、トンボを付けた状態でPDFを書き出してください。
■書き出したPDFは、zipファイルにまとめて入稿ください。
書き出したPDFデータはひとつのフォルダにまとめてzip圧縮し、ご入稿ください。

アップロードできるファイルサイズの上限は、300MBとなっております。
データサイズが300MBを超えている場合は、サイト上で受注することができませんので、
お問い合わせフォームより別途、ご相談下さい。