ご利用
ガイド

データ作成
ガイド

よくある
質問

トップに
戻る

冊子づくりのお悩み・ご質問はこちら

無料会員登録
メールお見積り
  • 商品一覧
  • 少部数(5~100部)
  • プリントモール(姉妹サイト)
  • 冊子以外の印刷物(チラシ・パンフレットなど)
  • 感染予防対策グッズ(フェイスガード・パーテーションなど)
  • 便利ツール一覧
ご利用ガイド

PDF変換方法

データ作成ガイド

冊子製本お役立ちコラム
ウイルダイレクトのお役立ちメルマガ バックナンバー
出版コスト削減バナー

出版社様必見!コスト削減のヒント
がここに!

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

お役立ちサイト

印刷通販プリントモール

印刷物の総合ネット印刷サイト

賢者の販促

ひと味違う印刷物ならこちら!

ウイルの印刷用語集

毎日更新中!わかりやすい用語集


ISOマーク ISOマーク
FSC認証マーク

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

ウイルダイレクト公式SNS

Facebook LINE twitter Instagram

背表紙アイコン

背表紙の幅を計算

無線綴じ冊子は、表紙で本文を包み込む製本方法のため「背(背表紙)」ができます。
背(背表紙)の幅は、用紙とページ数によって変化するため、背幅を考慮した表紙のデザインが必要になります。

背幅の自動計算

1. 表紙の用紙と本文の用紙、本文のページ数を選択してください。背幅の寸法が表示されます。

①表紙用紙: 

②本文用紙: 

③本文ページ数: 

冊子の背幅は  mmです。

※自動計算の数値は、あくまで参考値となります。実際は絵柄などによるインク量の影響により、多少厚みが変わる場合もあります。

タイトル文字を背幅いっぱいにすると製本時にはみ出します!
背幅の計算方法
以下の計算式で、ご希望の用紙厚さ(紙厚)から背幅の数値を算出し、背表紙データを作成してください。
背幅(mm)=(表紙の紙厚×2)+(本文の紙厚×ページ数÷2)
各用紙ごとの紙厚 各用紙ごとの紙厚
冊子の表紙データ作成時の注意点
無線綴じ冊子の場合は、ページ数や背幅を考慮して、背表紙および表紙・裏表紙を作成する必要があります。
詳しくは以下をご覧ください。