08割引キャンペーン
無料会員登録
初めての方へ
メールお見積り
1000部以上もお取引可能
コート紙も対応いたします
速い簡単データ入稿
PDF入稿がおすすめ
お支払い方法について
冊子の仕様まとめ
用紙を選ぶ
オフセット印刷冊子との違い
表紙の背幅計算
お問い合わせはこちら
NP掛払い


ご注文後のトラブルを防ぐために

データトラブルが発生する理由
印刷通販では、ご注文後にデータトラブルが発生し、以下のような事態が起こることがあります。
「データの修正・再入稿を何度も行うはめになり、注文時に苦労した..」
「データチェックが終わらなくて、印刷が始まらず、納期に間に合うか心配だった..」


ウイルダイレクトにご注文いただいた案件の場合、その多くは、
“ご注文の印刷仕様”と“実際に入稿されたデータの仕様”が合っていなかった
ことが原因となっていました。

印刷・発送の前段階でデータトラブルが発生するこのストレスを何とか無くしたい。
それが、お客様の満足度にも繋がると私たちは考えます。
ここでは、データトラブル防止のため、ご注文の際に間違えやすいポイントをご紹介します。
ご注文の際に間違えやすいポイント
ここでは、ご注文後に修正・再入稿が発生しやすいポイントを紹介します。
ご注文をお考えのお客様は、お間違えがないかご注文前に再度ご確認ください。
ご注文ページ数を間違えない
中綴じ「総ページ数が4の倍数」、無線綴じ「本文ページ数が8の倍数」
「冊子を閉じた状態=1ページ」でカウントします。
冊子を閉じた状態の判型=1ページと数えてください。冊子を広げた状態(見開き)は2ページ分になります。
冊子を閉じた状態
冊子によってご注文ページ数の数え方が異なります
「中綴じ冊子」総ページ数は「4の倍数」となります。
ご注文の際は、表紙周り(※)を含む「総ページ数」をお選びください。
 ※サイトからご注文できる中綴じ冊子は、表紙・本文用紙が同一の共紙(ともがみ)のみとなります。
中綴じ冊子の総ページ数は「4の倍数となります。
表紙周りとは表紙の表裏4ページのことを指します
「無線綴じ冊子」本文ページ数は「8の倍数」となります。
ご注文の際は、表紙周り(※)を含む「総ページ数」をお選びください。
 ※総ページ数(表紙4ページ+本文ページ)で表記しております。
無線綴じ冊子の本文ページ数は「8の倍数となります。
 ※弊社仕様により、本文ページ数は「8の倍数」にしていただいております。
  「8の倍数」に足りない場合は、不足分に「白ページ」を追加する必要がございます。
表紙周りとは表紙の表裏4ページのことを指します
ページ数が不足している場合は、「白ページ」などを追加して入稿してください
作成データのページ数が、冊子ページ数に足りていない場合は「白ページ」や「メモ用ページ」を追加してください。
 冊子ページ数が不足している場合は、そのままでは印刷ができない
ため、修正・再入稿いただく必要がございます。
冊子ページが揃うので印刷・製本できる
冊子サイズを間違えない
冊子サイズは、「仕上がりサイズ(冊子として仕上げられた状態のサイズ)」
仕上がりサイズ
サイトでは、「製本後、冊子として仕上げられた状態の寸法(仕上がりサイズ)」でサイズを明記しています。
仕上がりサイズは「冊子を閉じた状態のページサイズ」と捉えることもできます。市販されている「A4ノート」が、ノートを閉じた状態が「A4サイズ」であると考えるとわかりやすいと思います。
作成データから入稿用PDFを書き出す際も「仕上がりサイズ」でページを書き出してください。
 書き出したPDFのページサイズは、ファイルメニューの「プロパティ」より確認できます。
仕上がりサイズについて
PDFのページサイズ確認方法
仕上がりサイズに合わせたページサイズのデータをご入稿ください
データを作成する際は、冊子の仕上がりサイズに合わせたページデータをご用意ください。入稿されたPDFのページサイズが、ご注文のサイズと異なる場合は、お客様側で修正・再入稿いただいております。弊社では、入稿データを拡大・縮小するサービスは行っておりません。
サイトでご注文できるのは、縦長(タテ型)ページの冊子のみ
サイトからご注文可能な冊子は、全て縦長ページの仕様となります。
 (※横長ページの冊子をご希望の場合は、問い合わせご注文での対応のみとなります)
サイトからのご注文で、横長ページのデータを入稿された場合は、縦長ページの仕様に合うようデータを修正・再入稿いただきます。(※場合によっては、再注文をお願いする場合もございます)
サイトから注文できるページサイズ
問い合わせご注文について
  • 【ご注意】
  • データの修正・再入稿はお客様側で対応をお願いしております。
  • 横長(ヨコ型)冊子の印刷を希望される場合は、縦長(タテ型)冊子とは印刷工程・価格が異なります。サイトからのご注文対応は、縦長(タテ型)冊子のみですので、場合によっては、再注文をお願いする場合があります。
色数(フルカラー/モノクロ)を間違えない
モノクロ1色以外は、2色の冊子も「フルカラー」でご注文ください
仕上がりサイズ
サイト内では以下のように、色数を表記している場合があります。
 ・フルカラー ⇒ 「4c」 ・モノクロ ⇒ 「1c」 ・印刷なし ⇒ 「0c」
 (例:【表紙】4c/0c 【本文】1c/1c ⇒ 【表紙】片面フルカラー/片面 印刷なし 【本文】両面モノクロ)
フルカラー ⇒ 「4c」 ・モノクロ ⇒ 「1c」 ・印刷なし ⇒ 「0c」
モノクロ1色データでも「フルカラー」を選択
サイトから無線綴じ冊子をご注文される場合、「表紙(表1-表4)の色数」は「フルカラー(4c)」のみの選択となっております。表紙データがモノクロ(1c)だった場合も、「フルカラー(4c)」を選択してください。
※表2-表3は、フルカラー(4c)・モノクロ(1c)・絵柄なし(0c)をお選びいただけます。
2色刷りの冊子の場合も「フルカラー」を選択
2色でデザインされた冊子も、全てフルカラー印刷で再現します。ご注文時は「フルカラー」を選択ください。
特色印刷には対応しておりません。Adobeソフトウェアで特色カラー設定している場合は、プロセスカラーに変更してPDFを書き出してください。
一部にカラーページが入っていた
「作成データの一部にカラー(4c)ページが入っている」場合は、以下をご参考に、ご注文ください。
作成データの一部にカラー(4c)ページが入っている
カラー2ページ以内
【ご注文方法】 ⇒カート注文(モノクロ【1c】)
【ご入稿データ】⇒モノクロページとカラーページが混在したままご入稿

「カラーページが2ページ以内」の場合は、モノクロ印刷価格で、カラー印刷対応いたします。
詳しくは、以下をご確認ください。
カラー3ページ以上
【ご注文方法】 ⇒カート注文(フルカラー【4c】)
【ご入稿データ】⇒モノクロページとカラーページが混在したままご入稿

ご注文時の際に、色数「カラー(4c/4c)」を選択して、ご注文ください。
カラーページもモノクロにして印刷
【ご注文方法】 ⇒カート注文(モノクロ【1c】)
【ご入稿データ】⇒カラーページをモノクロページに変換してご入稿(※)

ご注文時の際に、色数「カラー(1c/1c)」を選択して、ご注文ください。
お客様側でカラーページをモノクロ変換してご入稿いただくか、弊社にて「モノクロ変換希望」の旨をご注文時に必ずご記載ください。
  • 【ご注意】 弊社での「モノクロ変換」対応について
  • ご注文時、注文画面内の「お問い合わせ欄」に「モノクロ変換希望」と必ずご記入ください。
  • 印刷データ処理時に、全ページを「モノクロ変換」いたします。特定のページのみの変換対応は行っておりません。
  • モノクロ変換したページにつきましては、お客様の校正確認をもって品質保証とさせていただきます。
     変換作業後、お客様には確認用のPDFをメールにてお送りいたします。