当店で注文できる冊子用紙「b7バルキー」とは?

当店で注文できる冊子用紙b7バルキーとは

今回は、当店で取り扱っている書籍用紙「b7バルキー」について、紙質や仕様、使用用途、また、「b7バルキー」をおすすめする理由など、概要を簡単にお伝えしていきます。

b7バルキーはどんな用紙なのか

「b7バルキー」は、微塗工紙というジャンルに入り、特に、写真を扱うファッション誌のカタログや教材などに使用されています。
昨今はインクジェット印刷物においては用途を選ばず人気となってきている用紙です。

微塗工紙とは、表面などがコ-ティングされておらず、コピ-用紙などとして利用されている非塗工用紙である上質紙に、顔料を薄くコ-ティングした用紙になります。

上質紙の風合いや手触り感、不透明度の高さからくる光沢感、そして、インクの裏抜けがし辛い保存性の高さを保ちつつも、目が疲れにくく、めくりやすいように改良されているのが特徴的です。
そのため、写真などを掲載する雑誌のカタログや書籍などのカラー印刷に好んで利用されるようになっています。

近年になって「軽い、厚い、白い、柔らかい」という紙質が、全体的に好まれるようになり、この「b7バルキー」の開発、そして製造が行われました。 用紙なら何でも良いのではないかと思われがちですが、この「b7バルキー」、時代の変化とともに必要とされ、作り上げられた書籍用紙ということになっているのです。

b7バルキーをおすすめしている理由

当店が「b7バルキー」をおすすめする理由ですが、先ずは、その質感が柔らかく軽いところ。そして、やさしい風合いで目に優しく、ペ-ジをめくっていても疲れにくいところです。

また「軽さの割に厚みがある」用紙であることから、本になった際に、他の用紙に比べてボリュームが出ます。同じページ数でもb7バルキーを使っていると、より厚みのある本になるのも特徴の一つです。店頭などで目立ちやすくなることから、出版社や、個人で自費出版を考えている人にはおすすめです。

さらに、この「b7バルキー」は種類も多く、扱いやすい用紙とされ、需要が多いというのも特徴的です。そして、何よりこの「b7バルキー」は、東日本大震災でダメ-ジを受けた石巻市の復興第一号の開発商品になっており、そういった点も当店がおすすめポイントの1つとなっております。

b7バルキーが適している印刷製品は?

別名「書籍用紙」と呼ばれている「b7バルキー」ですが、その適している印刷製品ともなるとどういったものになるのでしょうか。そのやさしい風合いや質感、軽さや不透明度から写真と文字をバランスよく使用する教材や雑誌、冊子の本文などに好まれて使われています。

また、そのインクの裏抜けがし辛く保存性が高いという特徴、ペ-ジをめくる時に疲れにくいという特徴もあることから、写真集やファッションカタログなどの印刷製品にも多く利用されています。

b7バルキーを使って冊子をつくりたいときは

ところで、「b7バルキー」で冊子を作りたいといった場合、文字だけの冊子だと少し使い辛いでしょう。「b7バルキー」の特徴などを鑑みると、文字だけの冊子の場合、上質紙を使うだけで充分です。

「b7バルキー」を冊子に使いたい場合は、写真などその鮮明度を特徴的に表に出したい場合などに使用するとより効果的になります。文字と写真をバランスよく掲載する冊子などにこの「b7バルキー」を利用することをおすすめします。

用紙の種類はこんなに多い!

その種類の多さから需要の高い「b7バルキー」ですが、サイズから重さまでこんなに多くの種類があります。

b7バルキーはどの区分?

さて、「b7バルキー」の区分については、印刷情報用紙の非塗工紙に当たる上質印刷紙に顔料を微量にコ-ティングしている用紙になります。

実際、上質印刷紙は非塗工紙になり、表面の平滑性がなく、インクを吸収し辛いのが特徴的で文字中心の印刷物に適していますが、「b7バルキー」は、その非塗工紙に顔料を微量にコ-ティングが施されているので、白色度、不透明度が供に高く、インクが裏抜けし辛くなっています。
そのため、カラー印刷にも適しています。

b7トラネクストという用紙とは違うの?

「b7バルキー」ですが、日本製紙の「b7シリ-ズ」ということもあり、「b7トラネクスト」と類似しているのではないかとされていました。
しかし実際のところ、「b7バルキー」のほうが密度が低くなっており、「b7トラネクスト」に比べるとインクの吸収が良いといった特徴があります。

その反面濃度が出にくいという難点はありましたが、「b7トラネクスト」より白色度や不透明度が高くなっているため、発色、色のバランスとも良く、見た目上きれいな仕上がりになるという特徴を備えています。
そのため、とても扱いやすい素材として需要が高くなっています。

まとめ

当店でも豊富に取り揃えている書籍用紙「b7バルキー」ですが、目に疲れにくいやさしい風合いや質感の軽さ、白色の高さ、他の用紙に比べて厚みが出ることから、写真などを扱う雑誌のカタログや教材などの書籍に利用され、人気となっています。

また、インクの裏抜けがし辛く、その種類も多くて扱いやすいという特徴から、個人から法人まで多くの人たちに利用されています。さらに、この「b7バルキー」、東日本大震災で被害を受けた石巻市の復興第一号の商品ということもあり、復興に対する人々の希望や夢を乗せて開発されているところが、市場で人気となっている理由のひとつにもなっているというのもあるでしょう。


ウイルダイレクトでは会員登録いただいたお客様に用紙サンプルを無料でお送りしています

「b7バルキー」を手に取って、そのやさしい風合いや質感などを感じてみてください。
>>「b7バルキー」の用紙サンプルももらえる無料用紙サンプルについてはこちら

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト