塗り足しって?印刷で足りないと困る!作り方を解説

印刷物にないと困る塗り足しって?

「塗り足し」とは、印刷関連の用語ですが、一般にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

印刷会社では、印刷物を何枚も重ねて一度に断裁を行います。その際に、印刷物の紙端に余白が出ず、背景や絵柄が紙の端まで(フチなし)印刷されるために、データの作成時に「塗り足し」を作る必要があります。

塗り足しとは

塗り足しとはフチなし印刷用データを作成する時、本来の仕上がりサイズより外側に3mm(印刷物によっては3mm以上)はみ出させておく必要があります。

そのはみ出させた部分を「塗り足し」といいます。
塗り足しの部分は、製本時に切り落とされます。

塗り足しがない場合、印刷工程に進む前に、お客様にデータを差し戻し、修正・再入稿していただく可能性が出てきます。

なぜ塗り足しが必要なのか?

業務用の印刷機では、大きな紙に複数の印刷データを付け合わせして印刷した後、その大きな紙を何枚も重ねた状態でそれぞれのサイズにカット(断裁)していきますが、断裁の際にどうしても刃の重みにより紙が多少ずれてしまいます。
塗り足しは「断裁ズレ」を考慮したデータ作成に必要になるというわけです。
塗り足しがあれば、多少ずれても、紙の余白が出ることはありません。

塗り足しがないとこうなる

塗り足しがある場合とない場合
塗り足しがない場合、下記のような仕上がりになることがあります。

①線が紙の端まで印刷されない。
②絵柄の横に、紙の余白が出る。
③背景の紙の端に、余白が出る。

このように、断裁の位置が少しでもずれてしまうと、紙の端に印刷されていない白い部分が出てしまうことがあります。

塗り足しの作り方

フチなし印刷をするために、外側に3mm塗り足しを作り、切れては困る文字やデザインは、仕上がり位置より3mm以内に配置する必要があります。
当店の印刷用テンプレートを使うと、塗り足しが簡単に作れますので、ぜひご利用ください。

断裁ズレが起きると、必要な文字やデザインが切れてなくなったり、デザインの均一さが失われたりすることがあります。
印刷データ作成の際は、断裁ズレを考慮して、塗り足しを作るようにしましょう。

文字切れに注意

文字切れに注意
仕上がり位置に文字が近すぎると、断裁がずれたときに文字が切れてしまう恐れがあります。
切れては困る文字やデザインなどは、仕上がり位置から3mm以上内側に配置しておくと安全です。

ふち取りデザインの場合

縁取りデザインの場合
均等幅のデザインでも、断裁がずれると均等幅にならない可能性があります。
断裁ズレを防ぐことはできませんが、幅を太くすることで、ズレが目立ちにくくなります。幅が細いとその分ずれたときに目立ち、場合によっては全てなくなる可能性もあります。

そのため、出来るだけ均等幅のデザインを避けるか、均等幅にする場合は3mm以上の太めの幅に設定することをおすすめします。

アプリケーション別の塗り足し作成方法

塗り足しの具体的な作成方法は、OfficeソフトやAdobeソフトなど、利用アプリケーションによって異なります。
以下は、当店で紹介している塗り足し作成方法です。ぜひ参考にしてみてください。

Officeソフト(ワード・エクセル・パワーポイント)

Adobeソフト(Illustrator・Photoshop・InDesign)

PDFを書き出す際の注意点

Illustrator、InDesignから書き出すPDFデータに塗り足しを付けるには、書き出しの際に塗り足しを設定する必要があります
Officeソフト、Photoshopは、データ作成の時点で塗り足し分だけサイズを大きく作ってから書き出します。(※書き出し時に塗り足しを自動的につける設定や機能はありません。)

各アプリケーション別のPDF書き出し方法

具体的な書き出しの方法は、利用アプリケーションによって異なります。

Officeソフト(ワード・エクセル・パワーポイント)

Adobeソフト(Illustrator・Photoshop・InDesign)

塗り足しの確認をお忘れなく!

データが完成したら入稿する前に塗り足しをきちんと確認することは、とても重要です。
印刷会社側では、データを見ただけでは、塗り足しが必要かそうでないかわからない時があります。特に、写真やパターンなどが複雑に重なっているデザインなどは、どこまでが断裁で切れていいか判断がつきません。
塗り足しのチェックは、「データ制作者側」が確実に行うことが大事です。

「仕上がり線までフチ無し印刷したいものは、仕上がり線から3mm伸ばす」、「仕上がり線内にきっちり収めたいものは、3mm程度内側に配置する」

この2点を徹底するようにしましょう。

まとめ

ここまで説明したように、塗り足しは、紙の端まできれいに印刷をするために必要なものです。
塗り足しの設定を行うことはもちろん、ふち取り幅の太さ、文字などの配置場所もていねいに考えることで、よりきれいな印刷物を作成できます。

冊子印刷やデータ作成でご不明な点があった際は、お気軽にお問い合わせください。
当店の専門スタッフが丁寧に対応いたします。ぜひご相談ください。
>>冊子づくりの入稿ガイドはこちら【冊子刷るならウイルダイレクト】


ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト