フォントの埋め込みって何?メリットやPDFへの埋め込みを解説

フォントの埋め込みって何

PDFファイルを授受した際に、作成したテキストが崩れていたり、文字化けしたりしてしまったことはないでしょうか?

実は、使用しているパソコンによって使用できるフォントが異なるため、受け取り側に、ファイル作成側の使用したフォントが無いと、作成側のテキストが受け取り側では正しく表示・印刷されないことがあるのです。

PDFで入稿する場合は「フォントが埋め込まれているか」を送信前に確認する必要があります。
それでは、詳しく見ていきましょう。

「フォントの埋め込み」とは

早速ですが、「フォントの埋め込み」とは何なのでしょうか?

それは、「PDFファイルに、フォント情報を一緒に持たせること」です。

フォントを埋め込むことにより、PDFを開く側の環境に同じフォントがなくても、オリジナル通りにフォントを表示・印刷することができます
また、英語やその他の外国語環境でも、オリジナル通りにフォントを表示、印刷することができます。

「フォントの埋め込み」を行うことにより、たとえ国を跨ったとしても作った側の思った通りの体裁を受け取った側に送ることが出来るのです。

フォントを埋め込むメリット

大まかには、先述したとおり「受け取り側の環境に関わらず、オリジナル通りのフォントで表示・印刷することができる」のがメリットといえます。
これにより、以下の2つの効果があります。

  1. フォントが置き換えられて表示されるのを防ぐ
  2. 文字化けした状態で表示されるのを防ぐ

フォントの置き換えを防ぐ

フォントが埋め込まれていない状態のPDF内で使用されているフォントが、受け取り側のコンピュータに存在しない場合、AcrobatではPDFを表示する際に、別のフォントに置き換えて表示します。
これが「フォントの置き換え」です。

そのため、作成者の意図とは異なる見た目のPDFになってしまうことがあります。
フォントを埋め込むことで、この置き換えを防ぐことができます。

文字化けを防ぐ

日本語のテキストが含まれるPDFを日本語以外の環境で表示する場合、環境によっては「文字化け」が発生する可能性があります

しかし、PDF ファイルにフォントを埋め込んでおくと、ファイルを受け取った側に同じフォントがインストールされていなくても、PDFを作成した際のフォントで表示されます。また、日本語以外の外国語の環境とファイルをやり取りする場合も、送った側の文字がそのまま相手側に表示されます。

埋め込まれているか確認する方法

フォントが埋め込まれているかどうかを確認するには、Adobe Acrobat(もしくは、Adobe Acrobat Reader)ソフトを使用します。埋め込まれているか確認する方法

[プロパティ]⇒[フォント]で、すべてのフォントのあとに「埋め込みサブセット」「埋め込み」と表示されていればOKです。
表示されていない場合は、埋め込まれていないフォントがあることになり、印刷会社にファイルを受け渡した際に、データの再入稿を求められたり、正しく印刷されない可能性があります。

フォントの埋め込みの確認方法は、以下でも詳しく紹介していますので参考にしてください。
>>フォントが埋め込まれているか確認する方法

フォントの埋め込みができない場合

フォントの埋め込みができない場合は、以下の方法を試してみてください。

埋め込めるフォントに変更する

埋め込まれていないフォントがある場合には、埋め込めるフォントに置き換えるのが確実です。
文字のデザイン上、問題がない場合は置き換えてしまいましょう。

【Word】システムフォントの埋め込み設定を変更する

Word→PDFへの書き出し時にArial」や「Times New Roman」などのシステムフォントが埋め込めない場合があります。
これは、Word内でスペースや改行、ノンブル、ヘッダー、フッターなどを使用した際に、自動的にシステムフォントが使用されてしまうことがあるためです。

埋め込みできない場合は、次の手順をPDF変換前にお試しください。

①メニューから「ファイル」を選択します。
1.メニューからファイルを選択
②「オプション」を選択します。
2.オプションを選択
③「保存」を選択します。
3.保存を選択
④「ファイルにフォントを埋め込む」にチェックを入れます。
4.ファイルにフォントを埋め込むにチェック
⑤「標準システムフォントは埋め込まない」をチェックオフにします。
5.標準システムフォントは埋め込まないチェックは外す

【Officeソフト】CubePDFでPDF変換してみる

CubePDF」は、無料で利用できるPDF変換・作成ソフトです。

Officeソフト(Word、Excel、PowerPoint)のPDF変換ではフォントが埋め込めなかった場合でも、CubePDF変換ではフォントが埋め込める場合があります

ぜひお試しください。
>>OfficeファイルをCubePDFで印刷用PDFファイルに変換する

【Adobeソフト】PDFの変換設定を変えてみる

Adobeソフト(Illustrator、Photoshop、Indesign)では、PDF変換の設定を変更することで、フォントが埋め込める場合があります
具体的には、印刷用のPDF規格である「PDF/X-4」に準拠した設定で各ソフトからPDF変換を行います。お使いのソフトに合わせてお試しください。

Illustrator

>>Illustrator(イラストレーター)のデータを印刷用PDFファイルに変換する

Photoshop

>>Photoshop(フォトショップ)のデータを印刷用PDFファイルに変換する

InDesign

>>InDesign(インデザイン)のデータを印刷用PDFファイルに変換する

PDF上でフォントをアウトライン化する

最後に例外として、PDF変換する際に文字を「アウトライン化(=図形データに変換)」するという方法があります。
※この方法を行う際は、以下のリスクが有ることを理解した上でお試しください。

  • 一度アウトライン化してしまうと、テキスト情報が失われてしまうため、文章の編集ができなくなります。
  • フォントが、アウトライン化するパソコンのフォント環境に無い場合は、他の書体に置き換わってしまいます。

1. Acrobat Reader(Windows10)でPDF変換する

①Acrobat Readerを開く
②「印刷」⇒「プリンター」の項目を「Microsoft Print to PDF」に設定する
※PDFは、印刷時に選択している用紙サイズ(A4等)で書き出されます。

2. Acrobat Pro【プリフライト機能】でPDF変換する

①「プリフライト」⇒上プルダウンメニュー「PDF規格」を「必須」に変更する
②「プロファイル」タブの「PDFフィックスアップ」の「フォントをアウトラインに変換」を選択する
③「解析してフィックスアップ」を選択
※フォントが環境に無いなどの理由で埋め込みがエラーとなる場合があります。
※Acrobat Proは有料ソフトとなります。

3. Acrobat Pro【分割・統合プレビュー機能】でPDF変換する

2の【プリフライト機能】で変換できない場合は、この方法でできる可能性があります。
①「PDFを編集」⇒項目「透かし」より「追加」を選択
・「ソース」の「テキスト」にスペースを入れる(ブランクの透明を追加。※文字は入力しないでください)
⇒OKをクリック

②「印刷工程」⇒「分割・統合プレビュー」にて下記3つをチェックし、適用をクリックする。
・「すべてのテキストをアウトライン化」
・「すべての線をアウトライン化」
・「文書内のすべてのページ」

③プリフライト
・「PDF‐X4」を選択し「解析してフィックスアップ」のボタンを押す

④保存

まとめ

この記事では、「フォントの埋め込み」について紹介しました。印刷・DTP業界では、フォントの問題は、厄介で、昔からトラブルの元となってきた経緯があります。専門的な分野ですが、ご自身の印刷物を正しく印刷する際に避けて通れない部分でもあります。
印刷会社にPDFデータを入稿する際は、今一度、フォントの埋め込みをチェックするようにしましょう。


フォントの埋め込みがうまく行かない場合はご相談ください!

ウイルダイレクトには印刷・DTPに精通したスタッフが揃っています。お気軽にお問い合わせください。
>>印刷なんでも相談室お問い合わせフォームはこちら

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
>>冊子の印刷通販ウイルダイレクト