Photoshopから印刷用PDFに変換する方法を解説

PhotoshopからPDFにする方法・複数ページも1つのPDFにできます

Adobe社のPhotoshop(フォトショップ)は、プロにも定評のある画像編集ソフトです。
このPhotoshopのデータ(.psd形式)を使って印刷入稿する場合は、印刷用のPDF形式で入稿することが必要になります。

ここでは、Photoshopから印刷用PDFへの変換方法をご紹介します。

★PDF入稿で便利な記事を他にも見たい方はこちら★
>> ネット印刷の定番!PDF入稿で便利な記事まとめ

Photoshopの設定について

最初に、PhotoshopのデータをPDFに変換するための基本の設定をおこないます。

【基本の設定】
・カラーモードはCMYK
・解像度は350dpi
・カンバスサイズは塗り足しを付け加える

以上を設定します。
次に詳しい設定方法をご紹介します。

カラーモードはCMYK、解像度は350ppiに

まずは、カラーモードを「CMYK」に設定します。

デジカメやスマホで撮った写真データは、RGBモードと呼ばれる状態になっています。
RGBモードは、モニターなどで色を表現するためのカラーモードです。印刷では、CMYK4色のインクを使って色を表現するため、RGBの画像データは、最初にカラーモードをCMYKにして印刷用の色味に変換します。

RGBとCMYKについては、こちらで詳しく説明しています。
>>参考:RGBデータをCMYK変換する

PhotoshopのRGBからCMYKへの変換方法】
「イメージ」 → CMYKカラー で変換します。

フォトショップpdf保存1

次に、画像の画質(きめ細やかさ)を示す「解像度」を、印刷に適した「350dpi」に設定します。

【解像度350dpiへの設定方法】
「イメージ」 → 「画像解像度」で350dpiに設定します。

フォトショップpdf保存2

画像解像度については、以下でも説明していますので、参考にしてください。
>>参考:画像解像度について

カンバスサイズは塗り足し込みのサイズに

入稿データには、仕上がりの冊子のサイズに上下左右+3mmずつ足した「塗り足し」をつける必要があります
また、端まで背景や色がある場合は、3mmの塗り足し分まで背景や色を延ばしてデザインします。
フォトショップpdf保存3

塗り足しについては、以下も参考にしてください。
>>参考:塗り足しって?作り方も解説


【Photoshopでの塗り足しの設定方法】

「イメージ」 → 「カンバスサイズ」(㎜)で、注文する仕上がりの冊子のサイズに上下左右+3mmずつ足したサイズに設定します。
フォトショップpdf保存4

Photoshopでの塗り足しの付け方については、こちらでも説明しています。
>>参考:Photoshopでの塗り足しの付け方

PDF保存の手順

上記の設定が終わったら、PDFファイルに変換して入稿を行います。
ネット印刷プリントモールでの入稿用PDF形式は「PDF/X-4」での保存をおすすめしています。

PDF/X-4は、印刷入稿用に作られたPDF形式です。
前バージョンの「PDF/x-1a」の後継として、RGBモードや透明効果にも対応しています。
データに透明機能を使用している場合は、基本的にPDF/X-4で変換しましょう。設定項目や手順はPDF/X-1aとほぼ同様です。

次に、PDF/X-4形式への書き出し方法をご紹介します。

プリセットを設定

PDFを書き出す際は、プリセットを活用すると便利です。
プリセットファイルをあらかじめ登録しておけば、毎回登録したプリセットを選ぶだけで、最適な設定のPDFが書き出せます。
フォトショップpdf保存5

入稿用PDFの保存

Photoshopメニューからフォーマット「Photoshop PDF」を選び →「Adobe PDFを保存」の画面が出てきたら、「PDF/X-4:2008(日本)」を選択してください。「PDFを保存」をクリックして保存→完了です。

※Photoshop PDFの変換手順については、こちらでも詳しく説明しています。
>>参考:Photoshop PDF変換手順

冊子印刷をお考えの方はこちら
プリントモール1分でできる会員登録

複数のPhotoshopページを1つのPDFに保存する方法

1つのファイルをPDFに保存する設定がわかったところで、次に、複数のPhotoshopファイルをまとめて1つのPDFに保存する設定方法をご紹介します。

1.「PDFスライドショー」を選択

まず、PDFにしたいPhotoshopのファイルを開きます。
「ファイル」→「自動処理」を選び→「PDFスライドショー」をクリックします。

フォトショップpdf保存8

2.PDFにしたいファイルと順番を決定

「ソースファイル」の枠内の「開いているファイルを追加」にチェックを入れます
→開いているファイルが表示されるのでファイルを選びます。PDFのファイル順もドラッグで変更できます。

また、開いていないファイルを追加したい場合は「参照」ボタンから追加します。

フォトショップpdf保存9

3.PDFを保存

「出力オプション」枠内の保存形式「複数ページドキュメント」にチェックを入れます
→保存ボタンをクリックします。

任意のファイル名をつけます→ウイルダイレクトのプリセットを選びます。または 「PDF/X-4:2008(日本)」を選択します。
最後に「PDFを保存」をクリックして保存→完了です。

フォトショップpdf保存10

入稿前のチェックを忘れずに!

入稿データは基本的に書き出したPDFの内容通りに印刷されます。
そこで、最後に入稿前チェックをおこないます。

書き出したPDFデータを開きます。
希望のデータに仕上がっているかを以下の「入稿前のPDF最終チェックリスト」に合わせて確認してください。

フォトショップpdf保存11

チェック項目については、以下で詳しく説明していますので、併せてご覧ください。
>>参考:Adobeソフト入稿前のPDF最終チェックリスト

※PDFファイルの確認には、以下のソフトウェアを使用します。以下のAdobe社のサイトよりダウンロードできます。

・Adobe Reader(無償)https://get.adobe.com/jp/reader/

まとめ

この記事では、Adobe社の画像編集ソフトPhotoshopで、ミスなく簡単にPDF データに変換する方法をご紹介しました。
印刷入稿する場合は印刷用PDFデータに変換することが必要です。変換方法で不明点がある場合はプリントモールまでお問い合わせください。

また、「仕上がった印刷物の色味が思ったものと違う…」という事態を防ぐために、プリントモールでは試し刷りサービスも行っております。こちらもぜひご利用ください。
>>変換方法や冊子印刷・試し刷りについてのお問い合わせはこちら

★PDF入稿で便利な記事を他にも見たい方はこちら★
>> ネット印刷の定番!PDF入稿で便利な記事まとめ
冊子印刷はプリントモール!
印刷価格はサイトで30秒見積り!会員登録で用紙・冊子サンプルがもらえます!
冊子印刷はプリントモール お電話は0120-991-645
\ 無線綴じ冊子・中綴じ冊子の価格を確認! /
無線綴じかんたん30秒見積もり
中綴じかんたん30秒見積もり
\ 冊子印刷ならネット印刷プリントモール! /
ネット印刷プリントモール会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。

冊子製本お役立ちコラム編集部

冊子の印刷製本を考えている方に、知っておきたい知識やお得な情報をお届けしています。はじめての方にもわかりやすく丁寧な記事を心がけています。 日々、お客様からのお問い合わせと注文対応に追われながら学ばせていただいています。

シェアする