【Word】ページ番号の付け方をわかりやすく解説

【Word】ページ番号の入れ方解説

冊子を作りたいと思ったときに、手軽に取りかかれる方法に、Wordで作ったテキスト原稿をそのまま利用する方法があります。
その際に覚えておきたいのが、Wordでページ番号を入れる設定方法です。

この記事では、Wordでのページ番号の基本の入れ方から、特定のページ以降に番号を入れる方法などを紹介します。Wordでページ番号を入れたいけれど入れ方がよくわからない人は必見です。

そもそもページ番号とは?

 

ページ番号付け方1

ページ番号には、冊子の中のページの順序を示すという重要な役割があります。

たとえば、教材や論文などで冊子を使用する場合は、複数人で同時に同じページ番号の部分を開いたり、記載されている内容を同時に共有することができます。その他にも、ページ番号を入れることで、ページ順のミスや乱丁など冊子制作時の製本間違いを防ぐことができます。

冊子などのページ番号のことを印刷用語では「ノンブル」と呼びます。覚えておくと便利です。

ワード(Word)でページ番号を入れる

最初に、Wordでページ番号を入れる場合の基本的な設定方法について紹介します。
次に、作りたい冊子に合わせた、さまざまなページ番号の入れ方についても解説します。

【初級編】基本的なページ番号の入れ方

基本的なページ番号を数字で入れる場合の設定方法を紹介します。

【Wordでページ番号を入れる方法】

  1. まず、ページ番号を入れたいWordのテキスト原稿を用意します。
  2. Wordの上部にあるリボンの「挿入」タブをクリックします。ページ番号付け方2-1
  3. 次に「ページ番号」からページのどの部分にページ番号を入れるのかを選びますページ番号付け方2-2
  4. ここでは、仮に「ページ下部」の「番号のみ2」を選んで、「ページの下部に中央揃えで配置します」を設定します。

ページ番号付け方2-3

【応用編】2ページ目からページ番号を入れる

ページ番号付け方3

  1. ページ番号を入れたいWordのテキスト原稿を用意し、上記の[初級編]と同じにページ番号を設定しますページ番号付け方4-1
  2. 画面上部の「ヘッダーフッターツール」リボンをクリックし,「先頭のみ別指定」にチェックを入れると、ページの下部のページ番号「1」が消えます。ページ番号付け方4-2
  3. 再び、画面上部の「ヘッダーフッターツール」リボンをクリックし、右端に表示される「ページ番号」をクリックします。ページ番号付け方4-3
  4. 「ページ番号の書式設定」を選び、設定画面(ダイアログ)を表示します。ページ番号付け方4-4「連続番号」の「開始番号」にチェックを入れ、「1」の表示を「0」に変更し、「OK」をクリックします。ページ番号付け方4-5
  5. 現在のページが「0」となり、2ページ目からが「1」になります。それ以降も連続でページ番号が入れられているのを確認します。ページ番号付け方4-7

【上級編】3ページ目からページ番号を入れる

ここでは、表紙(1ページ目)と目次(2ページ目)にはページ番号を入れず、特定のページ(例えば、3ページ目)から入れてページ番号を始める場合や、不要なページ番号をあとで削除する方法を紹介します。

方法1:セクション区切りで3ページ目から入れる

  1. まず、表紙(1ページ目)と目次(2ページ目)を含むWordテキスト原稿を用意します。
    2ページ目の最後にカーソルを置きます。
  2. リボンの「ページレイアウト」タブをクリックして、「区切り」を選び、「セクション区切り」の「次のページから開始」をクリックします。ページ番号付け方5-1
  3. 2ページ目のカーソルが置いてあった場所にセクション区切りが表示されました。3ページ目から新しいセクションになります。ページ番号付け方5-2
  4. 3ページ目の先頭にカーソルを合わせ、「挿入」から、「ページ番号」、「ページ番号の書式設定」の順にクリックすると、「ページ番号の書式」の設定画面(ダイアログ)が表示されます。
    「連続番号」の「開始番号」を選び、設定したいページ番号を入力します。
    今回は、3ページ目にページ番号3と入るようにしたいので、開始番号を「3」にして「OK」をクリックします。ページ番号付け方5-2b
  5. 3ページ目の下部の「フッター」の矢印をダブルクリックし、上部の「ヘッダーとフッターツール」から「前と同じヘッダー/フッター」を選び、オフの状態にします。ページ番号付け方5-3
  6. 「挿入」タブを選び、「ページ番号」の順に選び、ここでは仮に、「ページの下部」、「番号のみ2」で、「ページの下部に中央揃えで配置します」。ページ番号付け方5-4
  7. 3ページ目に「3」が表示され、表紙(1ページ目)と目次(2ページ目)のページ番号の除外ができました。4ページ以降も連続でページ番号が入れられています。ページ番号付け方5-5

方法2:表紙・目次のページ番号をあとで削除

  1. 表紙と目次を含む全ページにページ番号を設定します。ページ番号付け方6-1
  2. 【初級編】と同じようにページ番号を入れます。ページ番号付け方6-2
  3. 目次のページ(2ページ目)の最後にカーソルを置きます。
  4. リボンの「ページレイアウト」タブから、「区切り」、「セクション区切り」、「次のページから開始」を順に選びクリックします。ページ番号付け方6-3
  5. カーソルを置いた2ページ目の最後の部分に「セクション区切り」が表示されます。ページ番号付け方6-5
  6. 3ページ目の下部の「フッター」の矢印をダブルクリックし、上部の「ヘッダーとフッターツール」から、「前と同じヘッダー/フッター」を選び、オフの状態にして、1~2ページ目のページ番号が3ページ目に設定されないようにします。ページ番号付け方6-6
  7. 削除したいページの1ページ目か2ページ目にカーソルを移動し、どちらかの「フッター」をダブルクリックし、DeleteかBackSpaceを押してページ番号を削除します。ページ番号付け方6-7
  8.  3ページ目以降はページ番号が削除されずに、そのまま残ります。

ページ番号付け方6-8

まとめ

この記事では、Wordを使ったページ番号の設定方法について紹介しました。

何ページにも渡って内容を紹介する冊子にとって、ページ番号は欠かせない要素です。
Word原稿を使って冊子作りをお考えの方には、ページ番号の設定方法は覚えておいて損はありません。冊子作りがより簡単になりますので、ここで紹介した手順をぜひ活用してみてください。


ウイルダイレクトでは、Wordデータでお作りいただいた冊子も印刷できます。

冊子の印刷通販ウイルダイレクト ロゴ

入稿の際はPDFへの変換をお願いしております。サイトにて詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。
冊子のデータ作成・入稿ガイドはこちら
データ作成・入稿ガイドWord(Office)⇒印刷用PDFへの変換方法はこちら
Word⇒印刷用PDFへの変換方法

ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!!
今後も皆様のお役に立てるように頑張って参りますのでよろしくお願いします。
冊子の印刷通販ウイルダイレクト