Word(ワード)で冊子印刷!データ作成で知っておきたい基本知識

Word(ワード)で冊子印刷!データ作成で知っておきたい基本知識

文書作成ソフトとして一般的に使われているのが、Word(ワード)です。

文字中心のシンプルな冊子を作る場合は、Word(ワード)で作成した原稿テキストを紙面データとして活用することができます。
文字の書体や大きさの調整、余白のレイアウトなど様々な機能がそろっているので、特別なデザインソフトを使わなくても、十分に冊子のデータを作ることができるのです。

ここでは、Wordで冊子データを作る場合のデータ作成のポイントを紹介します。
※Windows10の場合を例に紹介しています。

ページサイズの設定

まずは、以下を参考にして作りたい冊子のサイズを決めます。

A4サイズ(210×297㎜)
一般的なコピー用紙のサイズです。カタログやパンフレットなどによく使用されます。
B5(182×257㎜)
A4より一回り小さいサイズです。こちらもA4と同様によく使われています。雑誌やノートなどによく使用されます。
A5(148×210㎜)
A4の2分の1のサイズで、同人誌やハンドブック、文芸誌などに使用されます。

サイズを決めたら、Wordの「ページレイアウト」⇒「サイズ」で、ページサイズを選びます(デフォルトではA4に設定されています)。

ワード_冊子印刷1

サイズ設定時の注意点 「塗り足し」について

サイズ設定の際には「塗り足し」に注意します。

まずは、ページデザインに合わせて塗り足しが必要かを確認します。

ワード_冊子印刷2
紙の端まで画像やデザインがある場合 ⇒塗り足しが必要
・紙の端に印刷するデザインがない場合 ⇒塗り足しが不要

なお、塗り足しについては以下の記事でも詳しく解説しています。
>>塗り足しって?印刷で足りないと困る!作り方を解説

次に、塗り足しが必要な場合は、既定の用紙サイズから変更します。
※塗り足しは天地左右に各3㎜ずつ設けるのが一般的です。

【塗り足しを付けたサイズの設定方法】
ここではA4サイズに塗り足しを設定する場合を例に紹介します。

  1. Wordの「ページレイアウト」から「サイズ」⇒「その他の用紙サイズ」を選びます。ワード_冊子印刷3
  2. A4(幅210×高さ297㎜)に天地左右3㎜をプラスしたサイズに変更します。「幅216㎜、高さ303㎜」と入力⇒「規定に設定」⇒「OK」をクリックワード_冊子印刷3-2

余白設定

冊子をページ設計する際には、ページ内の余白にも注意する必要があります。

冊子の構造上、ページ内いっぱいまで文章や絵柄を配置してしまうと、断裁時に端の部分が切れたり、綴じ部分(ノド)側の文章が隠れて読みづらくなったりする可能性があります。

ページの紙端(仕上がり位置)より4~5mm程度は余白を設けておき、絵柄や文章はその中に入れるようにしておくと安全です。
また、綴じ部分(ノド)にあたる「とじしろ」は、10mm程度余白を設定しておきましょう。

【余白の設定方法】

  1. Wordの「ページレイアウト」⇒「余白」⇒「ユーザー設定の余白」⇒「上下、左右、とじしろ」の順に、サイズを設定します。
    「とじしろの位置」は右開きなら「右」を左開きなら「左」を選びます。
  2. 「規定に設定」をクリックし、「OK」で完了です。ワード_冊子印刷4

冊子印刷をお考えの方はこちら
プリントモール1分でできる会員登録

フォントサイズの設定

冊子の入稿データ制作において重要なのがフォント(文字)のサイズです。

標準的なフォントサイズ

冊子の標準的な本文の文字サイズは8〜9pt(単位:ポイント)が最適です。
8pt未満の文字サイズは、可読性が落ち、本文では読みづらくなります。
参考文献や注釈などで、本文よりも少し小さめのフォントを選ぶ場合は、最小でも7ptまでにしておくとよいでしょう。

印刷データが出来上がったら試しにご家庭や職場のプリンターで印刷して、文字が読みやすいか確かめることをおすすめします。

フォントサイズの設定方法

まず、作りたい冊子に合わせて、本文の文字サイズと書体を選びます。
読者が読みやすいように、本文の文字サイズと書体は統一するのが基本です。
同様に、本文の行間と字間のサイズも統一しておきましょう。

フォントサイズを選んだら、文字列の方向や段組みの有無など、文字組みの設定を行います。

【フォントサイズの設定方法】

  1. Wordの「ホーム」で本文の書体、フォントサイズなどを選びます。ワード_冊子印刷5
  2. Wordの「ページレイアウト」で「文字列の方向」などを設定します。ワード_冊子印刷6

まとめ

いかがでしたか。この記事では、Wordで冊子印刷データを作成する際の基本ポイントを紹介しました。
Wordの標準機能を使うだけで、手軽に冊子の入稿データを作ることができます。

Wordを使った冊子データ作成のポイントは今後も紹介していきます。是非参考にしていただき、あなたの冊子づくりにお役立てください。

冊子印刷はプリントモール!
印刷価格はサイトで30秒見積り!会員登録で用紙・冊子サンプルがもらえます!
冊子印刷はプリントモール お電話は0120-991-645
\ 無線綴じ冊子・中綴じ冊子の価格を確認! /
無線綴じかんたん30秒見積もり
中綴じかんたん30秒見積もり
\ 冊子印刷ならネット印刷プリントモール! /
ネット印刷プリントモール会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。

冊子製本お役立ちコラム編集部

冊子の印刷製本を考えている方に、知っておきたい知識やお得な情報をお届けしています。はじめての方にもわかりやすく丁寧な記事を心がけています。 日々、お客様からのお問い合わせと注文対応に追われながら学ばせていただいています。

シェアする