冊子の印刷価格の相場は?少部数印刷を活用してもっと手軽に安く冊子を作ろう

少部数印刷を活用してもっと手軽に安く冊子を作る

「記念に少しだけ印刷して、家族や知人に配りたい」
「必要なのは少部数だけど、冊子印刷にして、手元に置いておきたい」
「でも、少部数の冊子の印刷は、価格が高くなるのかな」
などと、悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、近年、オンデマンド印刷の発達により、冊子も少部数から低価格で納期も短く印刷することができるようになり、冊子印刷はより身近なものになっています。
この記事では、そんなオンデマンド印刷のメリットについて紹介していきます。

ウイルダイレクトでは5部〜100部まで5部単位の注文ができ、お求めやすい価格で冊子印刷を提供しています
>>【少部数 無線綴じ冊子】価格もサイトで確認!5部から印刷できるウイルダイレクト
>>【少部数 中綴じ冊子】価格もサイトで確認!5部から印刷できるウイルダイレクト

印刷製本の費用相場

少部数印刷_追加1

冊子を作る際に具体的にいくら費用がかかるかの相場は気になるところです。
印刷製本の費用は、様々な印刷製本条件によって決まります。カラーとモノクロのどちらなのか、サイズ、色数、用紙の種類、ページ数、製本のオプション加工などの組み合わせで価格が設定されています。例えばカラー印刷ならインキを多く使う分、モノクロ印刷よりも高くなりますし、用紙の種類によっても料金は変わります。
作成したい冊子について完成をイメージしたり、色々と条件を変えながらまずは見積りを依頼したり、サイトに掲載されている価格を確認するとよいでしょう。

モノクロ冊子の費用相場

モノクロ冊子のメリットはカラー冊子と比較して安価に印刷できることです。カラー写真やグラフが多用されていない文章だけで構成されている冊子に向いています。

気になる費用の相場は、あくまで目安ですが、中綴じ冊子なら24ページ・100部でおよそ3〜4万円前後で印刷することができます。ページ数が多い場合に向いている無線綴じ冊子は、52ページ・100部(納期5営業日)でおよ4〜6万円前後です。
ウイルダイレクトなら上記条件で中綴じ3万円、無線綴じも4万円前半とお求めやすい価格で印刷することができます。

また、印刷部数が多くなるほど割安になります。印刷部数が倍の200部では、金額は100部の1.1〜1.7倍程度になる印刷会社が多いです。
ウイルダイレクトは1.1〜1.2倍程度(※)に価格を抑えており、数百部の印刷もお求めやすくなっています。

ウイルダイレクトの場合のモノクロ印刷価格一例を紹介しておきます。

【中綴じ】
・サイズ:A4 ・色数:表紙/本文:両面モノクロ ・用紙:表紙 ・本文:マットコート70kg(共紙)

ページ数納期100部200部500部
24ページ5営業日¥30,107¥33,858¥45,210

【無線綴じ】
・サイズ:A4 ・色数:表紙:片面カラー、本文:モノクロ ・用紙:表紙:カード紙180kg、本文:マットコート70kg ・表紙加工:PP加工なし

ページ数 納期 100部 200部 500部
52ページ(表紙4ページ+本文48ページ) 5営業日 ¥44,550 ¥52,976 ¥77,187
3営業日 ¥57,915 ¥68,869 ¥100,343

※価格は2022年1月時点。全て税込価格。

フルカラー冊子の費用相場

フルカラー冊子は写真やグラフを多く使う冊子に適しています。カラーにすることでより見やすく、メリハリのある印象の冊子に仕上がります。
K1色で印刷するモノクロ印刷に比べ、カラー印刷は通常CMYK4色のインキを使用する分だけ、料金は高くなります

中綴じ冊子なら24ページ・100部印刷でおよそ4〜6万円前後が多いようです。ページ数が多いほど金額が上がり、無線綴じ冊子は、52ページ100部(納期5営業日)でおよ5〜7万円前後です。
ウイルダイレクトは上記条件で中綴じ4万円、無線綴じも5万円前半フルカラー印刷も低価格で提供しているのが特徴です。

モノクロ印刷同様に、印刷部数が多くなるほど割安になり、200部の金額は100部の1.1〜1.8倍程度になる印刷会社が多いです。

ウイルダイレクトの場合のフルカラー印刷価格一例を紹介しておきます。

【中綴じ】
・サイズ:A4 ・色数:表紙/本文:両面カラー ・用紙:表紙 ・本文:マットコート70kg(共紙)

ページ数納期100部200部500部
24ページ5営業日¥41,668¥44,803¥53,548

【無線綴じ】
・サイズ:A4 ・色数:表紙:片面カラー、本文:フルカラー ・用紙:表紙:カード紙180kg、本文:マットコート70kg ・表紙加工:PP加工なし

ページ数 納期 100部 200部 500部
52ページ(表紙4ページ+本文48ページ) 5営業日 ¥53,713 ¥59,510 ¥90,893
3営業日 ¥69,827 ¥77,363 ¥118,161

※価格は2022年1月時点。全て税込価格。

ウイルダイレクトで冊子印刷をお考えの方はこちら★
1分でできる会員登録はこちら

メールでのお問合わせはこちら
ウイルダイレクトお電話0120-169-799

安く印刷できるオンデマンド印刷

少部数_印刷_1

通常の印刷は、入稿データから印刷用の版下を作る製版を行い、その版下にインキを乗せて用紙に印刷をします。これをオフセット印刷と呼び、大量部数の印刷によく使われます。オフセット印刷は、少部数を印刷する場合も、製版の工程は必要なため、部数が少ないほど1部当たりの印刷価格が割高になるのが一般的です。

一方、この製版の工程を省いて、印刷機に直接、入稿データを送信して、印刷することをオンデマンド印刷と呼びます。オンデマンド印刷では、レーザープリンターのような仕組みを使って印刷するため、オフセット印刷のような製版の工程が不要になります。少部数でも低価格で印刷できるのがメリットで、短い納期での印刷が可能です。

手軽に印刷できる少部数印刷の価格例

ウイルダイレクトは少部数印刷も低価格5部からネット印刷が行なえます。よく利用される部数の価格一例を紹介します。

【中綴じ 少部数】
・サイズ:A4 ・色数:表紙/本文:両面モノクロ ・用紙:表紙 ・本文:マットコート70kg(共紙)

ページ数納期10部30部50部
24ページ3営業日¥4,158¥11,066¥17,941

【無線綴じ 少部数】
・サイズ:A4 ・色数:表紙:片面カラー、本文:フルカラー ・用紙:表紙:カード紙180kg、本文:マットコート70kg ・表紙加工:PP加工なし

ページ数納期10部30部50部
52ページ(表紙4ページ+本文48ページ)3営業日¥10,912¥24,343¥34,573

※価格は2022年1月時点。全て税込価格。

少部数印刷のメリットとは?

オンデマンド印刷により少部数の印刷が利用しやすくなりましたが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、少部数印刷の3つのメリット「納期が短い」「余分な在庫を抱えずにすむ」「バリエーションを増やしやすい」について解説します。

納期が短い

少部数_印刷_2

1つめのメリットが、納期が短い点です。

1件あたりの印刷部数が少なく、オンデマンド印刷では、オフセット印刷に比べて工程も少なくて済むため、データ入稿から仕上がりまでの時間を短縮でき、結果的に早く冊子を作ることができます。
小ロット・少部数で短納期で冊子が必要な場合には、オンデマンド印刷は最適な印刷方法といえます。

ウイルダイレクトでは5部から印刷注文(5部単位)が行え、納期も最短3営業日で対応します。
>> 無線綴じ冊子が5部から印刷できる【少部数 無線綴じ冊子】| 印刷通販ウイルダイレクト
>> 中綴じ冊子が5部から印刷できる【少部数 中綴じ冊子】| 印刷通販ウイルダイレクト

余分な在庫を抱えずにすむ

少部数_印刷_3

少部数印刷では「必要な分だけ、必要な時に印刷をする」ということが可能です。
このため、ストックとして保管しなければならない、余分な在庫を抱える必要がなくなり、在庫管理や廃棄の手間などの無駄をなくすことができます。これは、持続可能な国際目標である「SDGS」にも貢献できるメリットになります。
「冊子の保管場所がない」「冊子を作りすぎてしまい、余分な冊子は廃棄してしまった」などの問題を解消することができ、コストも削減することができます。

バリエーションを増やしやすい

少部数_印刷_4

少部数の印刷が安価に行えるようになったことで、印刷物のバリエーションを増やすという選択もできるようになりました。
例えば、次のように、一部分だけが異なる印刷物を作ったり、修正版や改訂版をその都度、素早く作りたい場合に活用できます。

・数パターンの表紙を作り、ターゲットに合わせた表紙を印刷する
・本文の内容をターゲットに合わせて、印刷する
・修正版や改訂版を、素早く作ることができる

ウイルダイレクトで冊子印刷をお考えの方はこちら★
1分でできる会員登録はこちら

メールでのお問合わせはこちら
ウイルダイレクトお電話0120-169-799

ウイルダイレクトで冊子印刷料金をかんたん見積り

少部数印刷_追加2

冊子印刷を行う場合には、必ずどの程度費用がかかるのか事前に見積りを行いましょう。 ウイルダイレクトでは注文前に、印刷料金をサイトで見積りが行なえます。 会員登録なしで、中綴じ・無線綴じ冊子の印刷価格が、3ステップ・30秒で簡単に確認できます。 具体的な手順を案内していきますので、気になる方はぜひ活用してみてくださいね。

STEP1.中綴じか無線綴じかを選ぶ

少部数印刷_追加3

まずは、冊子の印刷方法と種類(中綴じか無線綴じか)を選択します。
中綴じは針金(ホッチキス)で、無線綴じは表紙と本文を糊で固定して綴じる製本方法です。中綴じはページ数の少ない冊子に、無線綴じはページ数の多い冊子に向いています。
100部未満の冊子印刷を希望する場合は「少部数」の商品を選びます。

STEP2.サイズ・色数・用紙を選ぶ

少部数印刷_追加4

続けてサイズ・色数・用紙を選びます。
サイズは教科書や書類によく使われるA4サイズを始め、より小さいB5、A5など数種類のサイズから選択できます。色数(カラーかモノクロか)は、表紙と本文の用紙を別々にする場合は色数をそれぞれ選びましょう。
希望のサイズや用紙が選択肢に無い場合は問合せを行いましょう。ウイルダイレクトでは、サイズや用紙の希望に合わせて個別発注の相談も承っています。

STEP3.ページ数・納期を・表紙加工を選んで金額を確認

少部数印刷_追加5

最後に、ページ数・納期・表紙加工を選ぶと印刷部数ごとの金額が確認できます。
ページ数は中綴じでは4の倍数にする必要があるなど、綴じによりルールが決まっています。サイトの案内を確認してみましょう。納期については短く設定する方が価格は高くなります。
表紙は、PP加工の有無を選択できます。PP加工は、つやのあるグロスとつやのないマットの2種類。追加料金はかかりますが、表紙をコーティングすることで冊子の保護が行え、高級感を演出できます。
※納期・表紙加工は、冊子の仕様により選べない商品もあります。

まとめ

少部数の冊子印刷を上手に活用することで、柔軟に作りたい分だけ手軽に冊子を作ることができます。
少部数の冊子作りのメリットである短納期、在庫レスによるコストダウンはもちろん、一部分だけが異なる様々なバリエーションの印刷も安価で対応できるようになっています。
数冊だけでも冊子を作りたい」、「初めて冊子を作るけど、まずは10冊だけ作ってみたい」といった方に少部数印刷はおすすめです。
ウイルダイレクトでは5部〜100部まで5部単位の注文ができ、お求めやすい価格で冊子印刷を提供しています。ぜひ、お役立てください。


少部数の冊子印刷はウイルダイレクト!
印刷価格をサイトで30秒見積り! 会員登録で用紙・冊子サンプルがもらえる!
冊子の印刷通販ウイルダイレクト お電話は0120-169-799

 

\ 少部数冊子の印刷価格をサイトで30秒かんたん見積り /
少部数の無線綴じ冊子お見積り
少部数の中綴じ冊子お見積り
\ ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!! /
冊子の印刷通販ウイルダイレクト会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。

冊子印刷ウイルダイレクト編集部

冊子の印刷製本を考えている方に、知っておきたい知識やお得な情報をお届けしています。はじめての方にもわかりやすく丁寧な記事を心がけています。 日々、お客様からのお問い合わせと注文対応に追われながら学ばせていただいています。

シェアする