冊子の製本と開き方の違いについて解説!

冊子の製本と開き方の違いについて解説!

一口に冊子と言っても、開く向きや開き具合は様々です。この記事では、冊子の開き方の違いと、データ作成時の注意点について解説します。

自分が作りたい冊子にはどんな開き方が適しているか、イメージしながらお読みくださいね。

右開き・左開きはどのようにして決まるのか

冊子_開き_1

右開き」「左開き」は、冊子を閉じた状態で綴じられている側を指し「右綴じ」「左綴じ」とも呼ばれます。
間違えやすい方が多いですが、左から右にページをめくっていくのが「右開き」で、その逆に、左にめくっていくのが「左開き」です。

開き方は、紙面の文字組みの方向で決まります。
一般的に、文字を読む方向が縦書きなら右開き、横書きなら左開きとなります。

例えば、縦書きの文章は、右から左へと読んでいきます。
右開きであれば、表紙の後は、右→左→右の順にページが並ぶため、視線の動きに無駄がなく、右上から読む縦書きの文章に合った構造になっています。
一方、横書きの文章は、左から右に読んでいくため、縦書きとは逆に、左→右→左とページが進む左開きがスムーズに読み進められます。

冊子_開き_2

右開きは、縦書きで書かれる新聞や小説、国語の教科書などに用いられます。写真や図表がメインの冊子でも、主要な文章が縦書きなら右開きとなります。
左開きは、数学や英語などの横書きの教科書、取扱説明書、楽譜などで用いられます。

ウイルダイレクトでは、冊子のご注文時に簡単に「右綴じ・左綴じ」をお選びいただけます。
>> ウイルダイレクトで冊子印刷ご注文の方はこちら
冊子_開き_10

上開きについて

冊子_開き_3

右開き・左開きの他には、ページを上にめくっていく上開き(上綴じ)もあります。表紙の上の辺が綴じられていて、下から上にページをめくっていく構造の冊子です。
上開きは、カレンダーやメモ帳、伝票などでよく使われています。
>> ウイルダイレクトで上綴じ冊子印刷をご注文の方はこちら

冊子の開き具合の違い

冊子の製本方法によって、ページの開きやすさは異なります。代表的な2つの綴じ方の開き具合を解説します。

中綴じ冊子の開き

冊子_開き_4中綴じ冊子は、紙を重ねて2つ折りにし、背の部分をホッチキスなどの針金で綴じています。

 

ホッチキスで綴じられる程度の、ページ数が少ない冊子に向いています。他の製本方法に比べ、比較的低コスト・短納期で印刷しやすいのも特徴です。

中綴じ冊子では、ノドと呼ばれる綴じ部分の根元まで、しっかり開ききることができます。特に、真ん中のページは左右が一続きで、ほぼ平らに開きます。写真やイラストを見開きで掲載したい場合におすすめです。
>> ウイルダイレクトで中綴じ冊子印刷をご注文の方はこちら

無線綴じ冊子の開き

無線綴じ冊子は、本文を重ねて背の部分に糊を付け、表紙でくるんで綴じています。

冊子_開き_5

本文の厚みに応じて背表紙ができ、耐久性の高い冊子に仕上がります。ページ数の多い冊子でも、しっかり綴じることが可能です。

ただし、中綴じほど冊子の開きは良くありません。ページの糊で各ページのノド部分を接着する構造上、ノドの根本まで開くことはできず、見開きの中央付近は見えにくくなります。大事な文字やイラストは、ページを開いた際に隠れるのを防ぐため、ノドから10mm以上離して配置するようにしましょう。
>> ウイルダイレクトで無線綴じ冊子印刷をご注文の方はこちら

無線綴じ冊子の開きが良くなるPUR製本とは?

無線綴じ冊子の1種に、より強度を高めて開きやすくした「PUR製本」があります。

PUR製本では、一般的に使用される無線綴じ用の糊よりも、熱に強く強度が高いPUR系の糊を使用します。PURとは反応性ポリウレタン(Poly Urethane Reactive)の頭文字です。
通常の無線綴じに比べるとややコストはかかりますが、無線綴じ冊子の欠点を解消できるのが特徴です。

【通常の無線綴じ】
見開きがやや開きづらい。見開き中央にある文字や絵柄は隠れてしまう場合がある。
ページ数が多いほど、開きが悪くなる。
冊子を伏せて置くと浮いてしまうため、開いたままの作業やコピー取りはしづらい。
【PUR製本】
見開きが根元まで開きやすい。ページをまたぐ文字や絵柄も中央までしっかりと見える。
ページ数が増えても、開きが良い。
しっかりと開けるため、開いたままの作業やコピー取りも容易。

無線綴じ冊子・ページ数の多い冊子で、冊子の開きを重視したい場合は検討するとよいでしょう。
>> ウイルダイレクト独自の「新PUR製本」の詳細はこちら

データ作成時の注意点

冊子を開く方向(綴じ方向)によって、ページ配置なども変わってきます。
ここでは、表紙まわりと本文のノンブルについて解説します。

表紙まわりのページ配置に注意

表紙まわりのページ配置は、冊子を開く方向(綴じ方向)によって変わります。

表1から表4までの4ページ分を間違えないように配置しましょう。表紙・裏表紙の裏面にあたる表2、表3ページも印刷ページに含みますので忘れずに。

冊子_開き_6

上開き(上綴じ)の場合、表紙の綴じ側は天(上)と決まっています。

裏表紙の向きは2パターンあり、綴じ側を天とするか地とするかを選択する必要があります。印刷会社に依頼する場合は、裏表紙の向きも忘れずに伝えるようにしましょう。
>> ウイルダイレクトで上綴じ冊子印刷をご注文の方はこちら

冊子_開き_9

本文データはノンブルの配置に注意

ノンブルとは、ページの下部中央や角に記載されているページ番号のことです。

フランス語のnombre(英語のnumberにあたる言葉)が由来ともいわれています。ノンブルは、読者の利便性向上だけでなく、冊子製作者が落丁や乱丁を回避する一助となっています。

ページの左右の角にノンブルを配置する場合、表紙まわりと同様に、冊子を開く方向(綴じ方向)を考慮しなければなりません。

冊子_開き_7

右開きなら、奇数ページは左側、偶数ページは右側にノンブルを振ります。左開きはその逆になります。

ページの端にノンブルがあると、製本時に切れてしまう危険性があります。小口(冊子を開く側)と天地(冊子の上下)には3mm程の余白を作っておくと安心です。

冊子_開き_8

まとめ

冊子の開き方は、縦書きなら右開き、横書きなら左開きと覚えておきましょう。見開きで写真やイラストをしっかり見せたい場合は、開きの良い中綴じやPUR製本がおすすめです。

また、冊子の開く方向によって、ページやノンブルの配置が異なります。誤った配置のデータを入稿してトラブルにならないよう、十分注意してデータ作成を行いましょう。


冊子の印刷製本はウイルダイレクト!
印刷価格はサイトで30秒見積り!会員登録で用紙・冊子サンプルがもらえます!
冊子の印刷通販ウイルダイレクト お電話は0120-169-799

\ 中綴じ・無線綴じ冊子の印刷価格をサイトで確認! /
中綴じ30秒見積りはこちら
無線綴じ30秒見積りはこちら
\ ウイルダイレクトは冊子印刷の最安値に挑戦!! /
冊子の印刷通販ウイルダイレクト会員登録でオトクな特典がもらえます。ぜひお試しください。